テレビの黎明期を支える人気番組のひとつだった『紅白』は、資料率調査が始まった1960年代前半には80%を超える数字を記録した。まさに「国民的番組」だった。

出典なにをやっても文句を言われる『紅白歌合戦』──「国民的番組」としての期待と多様な日本社会とのギャップ(松谷創一郎) - 個人 - Yahoo!ニュース

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

「米津玄師」も出演決定!『紅白歌合戦』予想まとめ

例年、秋口には早くも出てくる『紅白歌合戦』の出場歌手や司会観測記事。司会には松本潤、綾瀬はるか、広瀬すず、木村佳乃。確実視されているのが嵐、King & Prince(キンプリ)、Suchmos(サチモス)。目玉になりそうな米津玄師、DA PUMP、ドリカムなどの名前が挙がっている。 追記:全て発表

このまとめを見る