1. まとめトップ

へえ~知らないと損する!チョコレートと肌荒れの関係を明かします!

チョコレートが好きでよく食べる方はちょっと我慢できず食べすぎると数日後肌が荒れたって経験がありませんか?それでチョコレートが肌荒れの原因だと決めつけていませんか?チョコレートと肌荒れの関係歯どのようになっているのかを洗い出していきましょう!

更新日: 2018年09月27日

3 お気に入り 2423 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

チョコレートを食べてニキビなど肌が荒れた人がいっぱいいるらしい!

肌荒れまじでやばい。つまりかざみもチョコレートを少々…してた時は肌荒れマッハだったという可能性が…!?!?!?

ウォンカのチョコレート美味しすぎて気付いたら一袋全部食べてた 明日肌荒れやばそう

チョコレート大好きなのに、食べると次の日肌荒れがひどくなるので、あまり食べられないジレンマ。

ていうか久しぶりに食べたんだよチョコレート…やっぱりこれが肌荒れと太ってた原因だわ…だって美味しいもん。

チョコレートと肌荒れは直接的な関係がないらしい!

アメリカの食品医薬品局(FDA)によるとニキビと食べ物の関係性は科学的根拠に無いと言い切っています。チョコレート、揚げ物、ピザ、その他の食べ物すべてがニキビの原因ではないそうです。
出典:https://www.fda.gov/ForConsumers/ConsumerUpdates/ucm174521.htm

でも、チョコレートを食べて次の日肌が荒れた~その原因は?

ニキビの原因を知っておこう!

1. 皮脂が過剰に分泌し、毛穴から排泄しきれない皮脂が詰まってしまう
2. 毛穴の周りで剥がれた角層が溜まって毛穴をふさいでしまう

チョコレートに含まれている糖分・脂質が原因

ニキビができる一因として、皮脂の過剰分泌が考えられます。甘いもの(糖質)、脂っぽいもの(動物性脂肪)、アルコールなどは、体内で皮脂の元となる「中性脂肪」に変わるため、摂りすぎは皮脂の過剰に繋がります。

食品添加物にも要注意

お菓子には食品添加物が含まれているものも多いので、チョコレートに含まれていると活性酸素が増え、皮脂を酸化させてしまいます。そうなるとニキビなどの炎症を悪化させてしまうので肌荒れにとってはマイナスです。

意外と知らないチョコレートに含まれているカカオの美容効果

チョコレートの成分は以下の通りです。

タンパク質、脂質、糖質、食物繊維、ミネラル類、カカオポリフェノール、テオブロミンが含まれています。

チョコレートに含まれているカカオポリフェノールは体に良い効果をもたらすらしいですね!

チョコレート原料のカカオには、脳を刺激するカフェインや、リラックス効果のあるテオブロミンが含まれており、精神的なストレスに効果を発揮します。

肌荒れを防ぐチョコレートの食べ方とは?!

チョコレートと肌荒れは直接的な関係性がないと言い切っていましたが、チョコレートに含まれる糖質・脂質そして食品添加物に注意を払う必要があります。また、食べるタイミングや食べる量にも大きく変わります。

もっとも理想的なチョコレート摂取のタイミングは、「食事の前」か「午後3時」になります。食事の前に食べると、血糖値上昇を抑えてくれるので太りにくい体づくりに役立ちますし、午後3時だと体温が最も上昇している時間なので脂肪燃焼効果があり、太りにくくなります。

・カカオが70%以上含まれているチョコレートを食べること
・食前、または午後3時に食べること
この2点をおさえれば、高い美容効果が得られそうですね!

チョコレート・ココアは嗜好品であり、医師が処方する薬ではありませんから、何グラム摂れば健康によいという対象ではありません。
生活習慣病の改善などの健康効果に関する報告から、1日に少なくとも5~10g程度のビターチョコレート(1~2かけら程度)又はココア一杯(純ココアで約5~10g程度)を毎日続けることがよいと考えられています。

美味しく肌荒れの心配もなくチョコレートを食べよう!

肌荒れとチョコレートの関係をまとめましたが、いかがでしょうか?私もチョコレートが好きでよく食べています。でも、ストレス等を感じるときや夜などにたくさん食べていました。それで肌荒れができてチョコレートのせいにしていました。(笑)
でも、この記事を執筆した時にチョコレートには、食物繊維やミネラルが多く含まれていて、便秘や肌荒れを防いでくれる効果があると気付きました。肌荒れができないように”食べ方“の考慮が必要ですね。肌荒れに恐れて我慢するよりは”正しい食べ方”をして、健康で美肌を目指しましょう!

1