1. まとめトップ

【閲覧注意】がんの末期症状をしっかり見ておこう。~小林麻央・さくらももこ・樹木希林は他人事じゃない~

がんが身近な話題となってきました。闘病に打ち勝つ人(ガンサバイバー)、がんで亡くなるケースも。がんは決まったの弱り方、衰え方をします。故に、余命の予測が可能です。体が弱る前に準備をしておけば、本人も家族も無理の少ない最期の一ヶ月間過ごせるでしょう。

更新日: 2018年11月15日

6 お気に入り 152347 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

orihoanさん

きっと私自身もいつかガンで死ぬんだろうなと、漠然と考えます。

菅原文太さんは2007年(平成19年)に膀胱癌が判明し、手術せずに放射線や陽子線治療による膀胱温存療法を受けた。2014年11月28日午前3時、転移性肝癌による肝不全で死去。81歳。

精密検査によって重度の癌によって体を蝕まれていたことが判明、

今日もおばさん達は 腰痛とか癌の話してるから 1人で変顔とかしてる なにしろクマがすごい すごい不健康 pic.twitter.com/cIKAVk47aR

がんは、行き過ぎた治療で「生活の質」(QOL)が損なわれていない限り、末期の場合でも、いつもの暮らしを続けることが可能な病気です。亡くなる直前まで元気でいて、苦しまずに息を引き取る「ピンピンコロリ型」とも言えるのです。

元日本ハム監督の「大沢親分」(大沢啓二さん)が良い例です。彼は胆嚢(たんのう)がんで亡くなる2週間前までテレビに出て、元気に「喝」や「あっぱれ」を連発していました。彼の姿を見て、末期がんだと見抜いた視聴者は少なかったでしょう。

ただ、亡くなる1~2ヶ月前ぐらいから、ストンと体力が落ちてくることが多く見られます。ですから、亡くなる前にしておきたいことがあれば、後悔のないように、医師とも相談しながら実行することをおすすめします。

そして、多くの場合、亡くなる1ヶ月くらい前から全身の倦怠感と食欲不振が蓄積してきます。亡くなる数日前にはそれが顕著になり、食べること、飲むことが億劫になります。家族としては心配ですが、終末期の人が栄養や水分の補給のために点滴をすると、身体がむくんだり、胸水や腹水がたまったりして、かえって苦しむことになります。

終末期には、「譫妄(せんもう)」や「幻覚」が生じることもあります。否定せずに耳を傾けてあげましょう。

長女、急に虫が見える、泥がついてるって泣きながら起きました… 熱せん妄?初めてなった… さすがに辛そうで見てられなくて坐薬投入。やっと少し落ち着いた。 代わってあげたいー…

おばあちゃんが夜間せん妄見始めてる感じがあって心配だ

ある種の徴候や症状が表れると、患者の死期が近づいたことが分かります。

終末期によくみられる症状としては、痛み、極度の疲労感、咳、息切れ、死前喘鳴、せん妄、発熱などがあります。また出血が起きることもあります。

がん患者は、死が近づくにつれて、さまざまな身体的・精神的症状を有する
・がん患者の症状の変化は、死亡1か月以内での変化が大きい

臨死期(おおよそ死亡前数週間以内)の変化
「月単位での変化」(1か月前と比較して)
「週単位での変化」(変化のスピードが増す)
「日単位での変化」(死亡前1週間以内)
「時間単位での変化」(死亡前1~2日)

母親が乳がん検診受けろと突如騒ぎ出したので、彼女が北斗晶にも小林麻央にも興味がなく、さくらももこにはググッときたのがわかった。

小林麻央さんも言っていたけど、具合悪い時期が多かったということは癌になるような体だったんだなと、判明してから思いました。免疫も下がるしね。 育児疲れで片付けないで。産後だからおっぱいがしこりあったら乳腺症だなんて、思い込まないで、おかしかったら病院へ。

なんで小林麻央みたいなめっちゃ美人で可愛くて生きるのを望まれてた人が亡くなって、私みたいなゴミみたいなクソデブスが生きてるんだろう、ほんと謎だな

ガンの余命一ヶ月は、どのような症状があらわれるのか

1 2 3 4 5 6