1. まとめトップ
  2. 雑学

金持ちほどモラルが低い?とされる「上流階級バイアス」とは

一般人に比べてお金持ちの方がモラルが低いとされています。その原因となっている「上流階級バイアス」とはどのようなものなのでしょうか?

更新日: 2018年09月10日

46 お気に入り 50897 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

信頼のおける情報を元に作成しています。

■バイアスとは?

「バイアス」は英単語の「bias」から来ているカタカナ語です。「bias」の意味としては、傾向・先入観・偏見などが挙げられます。

傾向、偏向、先入観、データ等の偏り、思考や判断に特定の偏りをもたらす思い込み要因、得られる情報が偏っていることによる認識の歪み

女性の年齢は低めに答えられやすい、借金や商店の売上も少なめに答えられやすい、商品の選択理由としてはデザインや価格よりも品質をあげがちである

日常にはこのようなバイアスが生じやすいといえます。

■誰にでも「無意識のバイアス」というものがある

あなたが誰も乗っていない地下鉄の電車を見たとする。すると、脳は何か理由があって誰も乗っていないのだと勝手に想定し、あなたを次の電車に乗るよう促す。

見かけや所属といった断片的な知識や情報、自らの属する社会、宗教、文化などが有する価値観、あるいは個人の経験則を判断基準として用いる

最新の研究では、人間は自身のバイアスに一致しない事実は無視してしまう能力が備わっていることが明らかにされている。

■つまり、今までの経験や知識によって常に「バイアス」が発生している

脳は大量の情報を処理するため、「無意識で」経験則によるパターン認識を行い、判断のショートカットをしています。

上司が部下に、まったく同じ言葉でフィードバックをしても、女性の上司のほうが、言い方がキツいと思われてしまう傾向が多い。これは多くの人がもともと「男性は厳しい」「女性は優しい」というイメージをもっていることの裏返し

「女性に責任の重い業務を担当させるのはむずかしいだろう」「小さな子供を持つ女性に出張は無理」など、性別や年齢、子供の有無などによる思い込みでその人の働き方を決めつける

■このようなバイアスだが「上流階級バイアス」というものがある

簡単にいえば「金持ちはマナーが悪い」という傾向です。意外にも思いますが、これもまた認知バイアスの一つです。

横断歩道で手を上げている歩行者を待たずに通過してしまう確率は普通車35%のところ、高級車は47%であることがわかりました。

下流階級の人々に「自分は上流階級である」と思って行動してもらうと、これが不思議な事に一気に貪欲さが増し、非道徳的な態度を取るようになる

■いったいなぜ地位が高くなるとマナーが悪くなるのか?

自己興味の追求が批判などを受けないまま進んでいくと、非倫理的に行動するようになり、これが彼らの社会的地位向上へと繋がり、更なる非倫理的行動を生む

バイアスは誰でももっています。必ずしも悪いことではなく、社会生活を営む上で便利な面もあります

感じ、幸せなんだということがわかる。その意味では、政治家も弁護士も警察官も、医師など、結局、ほとんどが、当然、自分のために仕事をしているってことだ。その自分を批判されると、社会的地位が高いと思っている人ほどキレる。横暴になるってこともわかった。

地位が高いからって横暴に振る舞っていい理由にはならない。 上手く出来ない人を貶していい理由にはならない。 注意するのと貶すのは違う。 それを勘違いしてる人があまりに多い。

上司の横暴さ 矛盾さに腹立つ 休日にイライラMAXとか萎える 明日から掃除当番だし

1 2