1. まとめトップ

【気になる薄毛・抜け毛のお悩み解決!】ハゲたくないからスカルプケア!人気の育毛剤を徹底比較!

鏡を見るたびに髪が薄くなっている気がする…抜け毛・薄毛対策をしたいけど、どうしていいのかわからないという方は必読すべし!誰でもできる抜け毛の予防・スカルプケア対策と人気の育毛剤を徹底比較してをご紹介します

更新日: 2018年09月13日

2 お気に入り 103 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

hair2323さん

対策や治療で症状を改善するポイント

抜け毛の原因は、1つではありません。
種類や症状によって異なり、それに応じて適切な治療を選ぶ必要があります。
また、1日の抜け毛本数が何本までなら心配ないかなど、基本的な情報を押さえておくことも大切です。
今回は、抜け毛のさまざまな原因・種類・症状をご紹介するとともに、薄毛予防に欠かせない対策をお伝えします。
「最近、抜け毛の本数が増えた気がする」そんな悩みを持つ方は、ぜひご一読ください。

1日の抜け毛の量は?抜け毛が何本あると要注意!?

髪の毛が抜けたとしても、成長サイクルに沿った自然脱毛の範囲内であれば問題ありません。
しかし、一定レベルを超えた抜け毛は、薄毛を知らせるサインかもしれません。

1日100本までなら大丈夫

頭皮が健康な状態でも、髪の毛は毎日抜け落ちます。もっとも抜けやすいのが、シャンプー中と、睡眠を取っているときです。このタイミングで多少抜け落ちても、それは自然現象であり、過剰に反応する必要はありません。

自然脱毛の本数は、1日平均100本前後といわれています。つまり、1日あたり100本程度の抜け毛であれば、問題ないということです。ただし、元々の毛量が多い場合は1日200本近く抜けることもあるため、100本を超えたら異常だとは一概にはいえません。

どれくらいの本数が抜けているか?正確な数を確かめることは困難ですが、シャンプーをしているとき、あるいは寝起きの枕を見たときに、これまでより明らかに抜け毛が増えている感じがしたら、何らかの対策が必要かもしれません。

脱毛症(薄毛)かどうかは、抜け毛の質で判断

1日にどれくらい髪の毛が抜けているか、正確な数の見極めはほとんど不可能でしょう。
そこで、抜け毛の本数ではなく髪質をチェックすることをおすすめします。
脱毛症の場合、抜け毛に次のような特徴があります。

・抜け毛が短い
・抜け毛の根元が細い
・抜け毛の毛先が細い
・切れ毛・産毛が多い

抜け毛が多い時期・季節ってあるの?

秋に自然脱毛で250本以上抜ける、という方も少なくありません。
なぜ、秋は他の季節と比べ抜けやすいのでしょうか?その原因は秋そのものではなく、夏にあります。
夏は、気温が高く紫外線もひときわ厳しいシーズンです。猛暑のせいで頭皮に大量の汗がたまり、毛穴も詰まりやすくなります。
頭皮コンディションが乱れる多くのファクターを抱えているときがこの季節です。

特に問題となるものが、紫外線の影響です。人間の体のうち、もっとも高い位置にある頭部は紫外線が一番強くあたる部分となります。

夏の強い日差しを受ければ、ダメージも小さくありません。
紫外線の有害物質が頭皮に浸透し、結果、抜け毛となって発症する時期が秋です。
この季節に抜け毛が増えるのは、夏に抱えたトラブルの結果といえるでしょう。

抜け毛・薄毛の原因を知る

髪の毛は、永久に生えているわけではなく、成長→毛根の退化→脱毛→新しい髪が生え変わるというサイクルを繰り返しているのです。
このヘアサイクルが、様々な原因によって正常に働かなくなると、十分に成長していないうちに髪が抜け落ちてしまいます。そして、新しい毛根が育たず新しい毛が生えてこなくなって薄毛になってしまうのです。

抜け毛・薄毛の原因①
カラーやパーマなどによるダメージ

シャンプーやパーマ、カラーなどが頭皮に負担を与えた為に、頭皮の状態が健康ではなくなってしまうことで薄毛を招いてしまいます。

抜け毛・薄毛の原因②
生活習慣

暴飲暴食や睡眠不足、偏った食生活によって健康を維持する為に必要な栄養バランスが摂取できず、体内のリンパ液や血液の循環が悪くなることも考えられます。
その他にも、正常な新陳代謝が行われなくなること、ストレスや不規則な生活習慣などによってホルモンや自律神経のバランスが崩れることで薄毛が進行してしまう可能性があります。

抜け毛・薄毛の原因③
AGA(男性型脱毛症)

男性の抜け毛や薄毛の原因には、ヘアサイクルの成長期の期間が短くなってしまう為に、髪の毛が太く長く成長せず、短く細い髪の毛が増えて薄毛になってしまう男性型脱毛症というものがあります。

抜け毛・薄毛の原因④
その他

その他に、女性にも男性にもおこる抜け毛や薄毛の原因として、頭皮の皮脂が過剰に分泌されることによって頭皮に炎症がおこることがあります。

人気の育毛剤を徹底比較

育毛剤はその効果も様々で、自分の症状に合うものが選べるようになっています。
自分に合った最適なものを選ぶことが育毛生活には一番大切なこととなります。
また、育毛剤は髪の毛が薄くなってきてから使うのではなく、髪が細くなってきたりコシがなくなってきた段階から使った方がより一層効果を発揮してくれます。

出典chapup.jp

チャップアップは育毛効果が期待できる主要の成分に加え、頭皮環境を整えて健やかな髪の毛が生える土台をつくる頭皮ケア・育毛サポート成分を業界トップクラスの44種類も配合しています。

【ポイント】
・血行促進を目的を成分を12種類
・頭皮の硬化を改善する成分を3種類
・皮脂分泌を抑えることを目的とした成分を2種類
・脱毛ホルモンを抑えることを目的とした成分を4種類
・頭皮環境の改善を目的とした成分を10種類
・髪の毛をつくるアミノ酸成分を13種類

出典prsna.jp

ペルソナ育毛剤は、遺伝子検査によりもっとも効果的な医薬部外品の育毛剤を処方してもらえるセミオーダーシステムを採用しています。
検査キットで細胞を摂り、専門機関で遺伝子を分析して薄毛のリスクや原因に効果が期待できる成分を配合するので合理的といえます。
遺伝子タイプで配合される成分や成分量、形状が変わるのも大きな特徴です。

【ポイント】
・遺伝子検査付き育毛剤
・セミオーダータイプ
・体験者満足度98.3%

「キャピキシル」という、ミノキシジルの3倍もの育毛効果があるとされている成分などを配合しているのが特長。
キャピキシルは注目成分ではありますが、医薬部外品認定を受けていないため、医薬部外品という枠組を選択していないようです。
また、30日間の全額返金保証制度を設けているので、不安なく使うことが出来ます。

【ポイント】
・2大最新スカルプ成分のキャピキシル5%と、ミノキシジル誘導体2%、さらにカプサイシン配合
・10種類の育毛促進成分を配合

出典bubka.jp

濃密育毛剤BUBUKAは、高濃度の「M-034」が配合された薬用育毛剤です。
M-034はコンブやワカメなどに多く含まれる成分で血管内皮増殖因子(VEGF)で育毛促進をし、さらに髪の毛の退行抑制因子(FDF5)で毛の退行を抑える働きがあります。
BUBUKAはこのM-034を「ナノリッチ製法」で独自に凝縮し配合されています。
育毛効果としては、育毛促進、抜け毛を抑制、毛髪の成長、頭皮の環境改善させることができます。

【ポイント】
・業界初のノンアルコール製法
・46種の育毛有効成分を独自調合

スカルプDで知られる「予防医学のアンファー」から新たに発売された注目の発毛剤。
最大の特徴は、効果が認められた発毛成分「ミノキシジル」を5%配合。
ミノキシジルは、髪の毛の毛根部分にある「毛包」に働きかけることで発毛効果を持ちます。

【ポイント】
・発毛や育毛、脱毛の進行を予防するミノキシジルを5%配合
・発毛・育毛・および脱毛の進行予防

自宅でできる!頭皮ケアの見直し

1 2