1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

鉄道ジャーナリストの加藤好啓です。本日は、2・1ストが残したものということで、まとめを作成いたしました。鉄道視点で見た昭和史は少ないので、検討の一助になればと考えています。

blackcat_katさん

2・1ストが残したもの

2・1ストは、GHQの圧力で中止されたが、その結果は労働運動の再編という形で実現されました。 3月10日には、総同盟・産別会議・国鉄総連合など28組織、446万人が参加した、全国労働連絡協議会(全労連)が結成された、これは当時の組織労働者の84%を包含するものでした。
 ただし、全労連の運動は、運営において、全員一致制などの制約から運動体としての役割は十分ではりませんでしたが、二つのナショナルセンター(「総同盟」、「産別会議」)を含む、組織労働者が単一組織に統一できたことの意義はきわめて大きかったといえます。
 ただし、総同盟は昭和23年6月には全労連を脱退しています。
また、2・1ストは賃金面でも大きな成果をあげることとなりました、それは大幅な賃上げに成功したことです。 1月の交渉時に、官公労働者の平均賃金600円に対し、5月には一挙に3倍弱の1600円という大幅賃金を獲得しました。
また、国労、全逓などは組合側に有利な包括的団体協約などを勝ち取りました。(ただし、この包括的団体協約がその後の組合運動の微妙な影響を及ぼしていくことになるので注目していただきたいと思います。)
  このように、当初は純粋に賃上げ闘争等、食べること、生きることから始まった労働運動は、共産党の思惑、GHQの思惑を絡ませながら次第に左傾的、政治的な色合いを帯びていくのですが、これはまた後ほど章を改めて

ゼネスト突入直前、当局と折衝を行う末弘(右から3番目)と徳田(右端)

全国労働組合連絡協議会とは、昭和22年から25年まで存在した、全国統一規模の労働組合であり、450万人を超える構成員を抱える大世帯であったが、その反面寄り合い所帯の悲しさ、決議は満場一致を原則として、各会派の運動方針に干渉することの無いよう制約を受けていたこともあり、昭和23年には早くも、共産主義には批判的な、日本労働組合総同盟が離脱、その後も中立系労働組合諸派も離脱したことから、弱体化、昭和25年8月30日には、GHQからの、解散命令が出され、主要幹部も公職追放処分がを下され、活動は停止下とされています。

上記、全国労働組合連絡協議会 を参考に作成しました。

1