1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

妹は “ぎぼむす”好評、姉は大河決定!「上白石姉妹」の勢いが止まらない

東宝シンデレラ出身の上白石姉妹。グランプリは妹・萌歌が受賞するも、芸能界では姉・萌音が先行。メガヒット映画『君の名は。』で一躍ブレイク。妹・萌歌も今夏、映画『未来のミライ』で主役に抜擢、『義母と娘のブルース』も大きな話題に。ポスト“広瀬アリス・すず”の呼び声も高い上白石姉妹のさらなる活躍に期待。

更新日: 2018年09月21日

11 お気に入り 51428 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

◆東宝シンデレラ出身の「上白石姉妹」 グランプリは妹「萌歌」

萌音(後方左)と萌歌(中央)

ちなみに萌歌の右隣が同い年だった浜辺美波で、ニュージェネレーション賞を受賞

2011年に開催された第7回「東宝シンデレラ」オーディションで萌歌がグランプリ、萌音が審査員特別賞に輝き、同じ事務所に入った。

過去最高の応募総数4万4120名の中から、鹿児島県出身の小学5年生・上白石萌歌(10)さんが史上最年少でグランプリに輝いた。

東宝関係者は「最終審査は審査員から満場一致。東宝シンデレラが“持っていて欲しいもの”を、すべて持っていた」と絶賛、まさにパーフェクトな受賞だったと明かした。

◆しかし、先に活躍を始めたのは姉「萌音」

[上白石萌音]
大河ドラマ『江 ~姫たちの戦国~』('11)で女優デビュー。

2014年に『舞妓はレディ』で映画初主演を務め、『ちはやふる -上の句/下の句-』、『溺れるナイフ』などに出演。

15年、人気ミュージカル「赤毛のアン」で主演。

◆メガヒット映画『君の名は。』で一躍ブレイク

『君の名は。』(2016)

大ヒットを記録しているアニメ映画『君の名は。』でヒロイン・三葉を務めた女優の上白石萌音。

興行収入250億円超

歌手として同映画主題歌「なんでもないや」を含む名作映画の主題歌/挿入歌を集めたカバーミニアルバム『chouchou』をリリースし、音楽番組も賑わせ、まさに飛躍の1年を過ごした。

上白石萌音が、2017年1月よりMBS/TBSドラマイズム枠にて放送される『ホクサイと飯さえあれば』で、連続ドラマ初主演。

◆妹「萌歌」も舞台を中心に着実にキャリアを重ね

『続・時をかける少女』(2018)

16年、姉・萌音に続いてミュージカル「赤毛のアン」に主演し、映画「金メダル男」や「ハルチカ」に出演。

2017年ミュージカル「魔女の宅急便」で主演を務め、その後、舞台「星の王子様」に出演。CM「キリン 午後の紅茶」では澄んだ歌声を披露。

◆今夏は『未来のミライ』&『ぎぼむす』で一躍脚光を浴びた

『義母と娘のブルース』(2018)

上白石萌歌と井之脇海

大ヒット中のアニメ映画『未来のミライ』では声優初挑戦にして主役に大抜擢。

2018年7月公開

ドラマ「義母と娘のブルース」(TBS系)の第6話が8月14日に放送。同回から登場した上白石萌歌(18)が「ハマり役!」と話題を呼んでいる。

第7話も平均視聴率15.1%と上昇気流に乗り、今期の民放連ドラのトップランナーとなっている。子役からバトンを受けた娘・みゆき役の上白石萌歌や井之脇海の好演も見事だ。

◆また今年は映画『羊と鋼の森』で姉妹初共演も実現

『羊と鋼の森』(2018)

白石萌音、上白石萌歌が、映画「羊と鋼の森」(橋本光二郎監督)で初共演。

1 2