1. まとめトップ
  2. おでかけ・グルメ

この記事は私がまとめました

nomado-kimocさん

曼珠沙華の里「巾着田」

早川渕 彼岸花の里 近くまで来たので、立ち寄ってみた。(アスパラ畑感) 咲きかけも綺麗素敵でした。 あとカエルいっぱいいた! #曼珠沙華 pic.twitter.com/aHNs4pKFLR

日高市内を流れる高麗川は、ほぼ円形に近い形に蛇行している。川に囲まれた土地を利用して、水田を開き米を作った。

秋には黄金色に実った稲穂が波打ち、近くの日和田山からの眺めると、それはあたかも小銭を入れる巾着の形そのものだった。いつしかここを人々は巾着田と呼ぶようになった。秋の彼岸の頃に曼珠沙華は圧巻。

3年前の巾着田画像を今更上げてみる。シーズンは来週あたりだけど、今年は行けないなぁ #SIGMA #merrill #DP1m #DP3m flickr.com/photos/1089029…

うおおおおおおおおおおおお もう彼岸花咲いてんじゃーん!!!!!!!!普通に道端で咲いててびっくりしたわー!!! ていうかそうだよ9月だもんな、秋だもんな、咲き始めるよな…!!!!!暦を忘れてた!! 今年も巾着田見に行きたいけど、ちょっとキツいかなあ。 近場の所でも行ってみようかな。 pic.twitter.com/fQ8EWG3V31

くりはま花の国

@wagamitinikibou こんばんは お疲れ様です。 今日はこちらは午前中は曇りで午後は雨☔が降ったり止んだりのお天気でした。 今日は、お一人で行動でしたか? みいこさんはどうされたのですか? ほほえみ さんは「くりはま花の国」はご存知ですか? これからコスモスがいいみたいですよ pic.twitter.com/F8Cnnu6DPm

潮風が吹き抜ける園内は、数多くのハーブや一面のコスモス、色とりどりのポピーが楽しめるまさに「花の国」です。

100万本咲き誇るポピー・コスモス園ではナノハナ(~4月)→ネモフィラ・ヤグルマギク(4月上~5月中)→カリフォルニアポピー(5月上~6月上)→シャーレーポピー(5月上~6月上)の開花リレーが繰り広げられます。

【速報!】ニコン横須賀製作所沿いのコスモス満開です!お隣の「くりはま花の国」のコスモスは未だ殆ど咲いてません!改めて写真アップいたします。ニコン様のカメラとレンズで無くてスミマセン。 #Nikon #ニコン #くりはま花の国 #東京光学 #topcor #58mm #α7II #sonyalpha #オールドレンズ pic.twitter.com/aEeBDHNCOS

くりはま花の国、レモンブライトは満開でしたが、コスモスは未だ僅か数本でした…。ちょっとがっかりして久里浜駅へ向かうとニコン横須賀製作所沿いにコスモスがいっぱい咲いてました!地元のボランティアの方が育てているそうですね。お土産をいただいたような嬉しい気持ちになりました。 #横須賀市 pic.twitter.com/zPsVdbobfh

蔵王

今年も行って来ました!蔵王の御釜^_^ 去年とは違うグリーンに感じましたが相変わらず神秘的でした! 今年は昨年に引き続き82歳の母と、あとは初参加の三男と行けました 来年も母が元気で一緒に行けますように pic.twitter.com/Sow2MbJ0hE

国内でも有数の紅葉の名所である蔵王は例年9月下旬~10月下旬ごろまで山々が鮮やかに色づき蔵王エコーラインから蔵王の温泉街、ドッコ沼周辺など広範囲でダイナミックな秋の絶景が楽しめますよ。

尚、秋の蔵王の旅行では美しい大自然を楽しまれた後はゆったりと蔵王温泉に浸かって日頃の疲れをいやしリフレッシュされるのもいいですね。

奥入瀬渓流

和田八幡平国立公園の中にあり、十和田湖から流出する唯一の河川で、十和田湖の子ノロから焼山までの約14kmの流れが、奥入瀬渓流とされ、千変万化の渓流美を構成し、四季を通しての景勝地である。

渓流には遊歩道が整備されており、渓流沿いにはいくつもの滝が点在する。十和田湖観光には欠かせない散策ポイント。渓流沿いの遊歩道では4時間半くらいのトレッキングが楽しめる。

8月30日、31日 青森県へ行ってきました。 大宮から新幹線で3時間八戸に到着。 すぐに車であの奥入瀬渓流、十和田湖までドライブ。 その美しさにすっかり心惹かれました。 自然は本当に美しい。 今度は木々の葉の彩る頃行こう。 # 中国結び pic.twitter.com/xEX19UyuRd

1 2