テロの記憶が薄れる一方、現場で有害物質を吸うなどした消防士らががんなどを発症したり、亡くなったりするケースが後を絶たない。

出典東京新聞:米中枢同時テロ17年 消防士ら病と苦闘 現場で有害物質吸引:国際(TOKYO Web)

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

あれから17年…未だに残る「米同時多発テロの被害」に色々な声

アメリカ同時多発テロから昨日で17年が経過しました。そのテロ被害が未だに色濃く残り続けています。

このまとめを見る