WTCビルが崩壊したとき、現場の人々は空気中に浮遊する重金属、炭化水素、アスベストをはじめ、多数の発がん性物質を含めた毒素に曝された。

出典同時多発テロのビル崩壊現場の救助隊員にがんリスク増大|医師・医療従事者向け医学情報・医療ニュースならケアネット

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

あれから17年…未だに残る「米同時多発テロの被害」に色々な声

アメリカ同時多発テロから昨日で17年が経過しました。そのテロ被害が未だに色濃く残り続けています。

このまとめを見る