今後10年間でほかのニューヨーク市民に比べて高い割合でがんを発症し得ることが二つの新しい研究で明らかにされた

出典同時多発テロのビル崩壊現場の救助隊員にがんリスク増大|医師・医療従事者向け医学情報・医療ニュースならケアネット

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

あれから17年…未だに残る「米同時多発テロの被害」に色々な声

アメリカ同時多発テロから昨日で17年が経過しました。そのテロ被害が未だに色濃く残り続けています。

このまとめを見る