1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

ゴールが遠い…C・ロナウドが「セリエAの洗礼」を受けていた

これほどの選手でもスランプに陥る時はあるようです。

更新日: 2018年09月12日

7 お気に入り 20573 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

信頼できる報道と皆さんのツイートを基に作成しました。

manuronaldさん

■今夏、ユベントスへ電撃移籍したクリスティアーノ・ロナウド

今年7月、2009年から在籍しているレアル・マドリ―を退団し、セリエAを8連覇中の強豪ユベントスへ電撃移籍。

報道によると、移籍金は1億ユーロ(約135億円)、年俸は3000万ユーロ(約39億円)。

スーパースターのセリエA参戦は世界中に驚きを与え、23年ぶりの欧州制覇を狙うユベントスにとっても大きな補強となった。

■いま、イタリアの地で苦しんでいる

チームはリーグ戦開幕3連勝中だが、ロナウドはいずれにフル出場もノーゴール。

辛口のイタリアメディアから「及第点以下」の評価が突きつけられるなど、周囲の目も厳しくなっている。

■考えられる要因は?

リーガとのサッカースタイルの違い

セリエAでは、1950年代~60年代にかけて「カテナチオ」と呼ばれる堅い守備からカウンターを狙う戦術が流行した。

これがイタリアサッカーの伝統として今も残り、攻撃に重きを置くチームが多いリーガに対し、強固な守備を築くチームがひしめく。

FWの得点数も他リーグより低く抑えられる傾向がある

アッレグリ監督も「どのチームも綿密な分析を行い、失点を防ぐために努力する。彼が40ゴールを挙げるのは難しいだろう」と話す。

年齢的な衰えも関係?

年齢的な衰えは以前から指摘されており、特にスピードやドリブルで全盛期のようなキレを見せる場面は大幅に減少している。

Cristiano Ronaldo's physical state has been compared to a 20 year old after his Juve medical. Body fat: 7% (10-11% is avg w/pros) Muscular mass: 50% (46% is avg w/pros) Ran 33.98km in World Cup, fastest in the entire tournament

身体検査で体年齢「20歳」と診断されてはいるが…

■そんなロナウドだが、明るい兆しも見え始めている

近年はスロースターターな傾向にあり、無得点ではあるものの、現時点でのシュート数は昨季とほぼ同じで五大リーグNo.1。

もっとも本人は、3億円超の愛車ブガッティ・シロンに愛息を乗せた様子をSNSで披露するなど、批判は気にしていない様子。

ロナウドの近年での前半戦ゴール数 2014年 リーガ 15試合25ゴール CL   6試合 5ゴール 2015年 リーガ 17試合13ゴール CL   6試合11ゴール 2016年 リーガ 11試合10ゴール CL   6試合 2ゴール 2017年 リーガ 12試合4ゴール CL   6試合9ゴール スロースターターやな pic.twitter.com/1tCffQ67jL

ロナウドはノーゴールだけど、確実にコンディションは良い。 パス、ドリブルも段々キレが増してる。あとは決めるだけ

ロナウドが3試合連続ノーゴールだってイタリアメディアや一部のユベンティーノが騒いでるけど、後半に差し掛かった時のロナウドが本当に恐ろしいって1番体感してるはずなのは何処のどちら様かな? pic.twitter.com/sZnnyIzgRA

■今後の巻き返しに期待がかかる

1 2