1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

セブンはセルフに?コンビニのレジが激変してる

2018年に入ってから、コンビニレジの進化が止まりません。

更新日: 2018年09月12日

11 お気に入り 36185 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

senegirlsさん

セブンのレジが進化してると話題

セブン―イレブン・ジャパンは利用客が専用の支払機に代金を入れて精算する「セミセルフレジ」を都内の直営店に導入した。

しゅげーーー!!!セブンにセルフレジ出来てるゥー!!

セブンイレブンにセルフレジなんてシステムあったんか…

やってきました!セルフレジ開いてます!! (@ セブンイレブン 川崎登戸駅前店 - @711sej in 川崎市, 神奈川県) swarmapp.com/c/2ILvM64zKGg pic.twitter.com/DmksGD1sbM

商品のバーコードの読み取りと袋詰めは店員が行いますが、会計は利用客自らが行う必要があり、現金やクレジットカード、電子マネーを使って支払機で済ませます。

セブンが運営する台湾のコンビニでは、顔認証決済を導入

台湾セブインイレブン「X-STORE」がNECの顔認証決済システムを導入! NECは、台湾セブンイレブンが展開する無人コンビニ「X-STORE」にサービス提供し、顔認証を活用したFace in、Face pay、Face goのスマートソリューションを実現。 glotechtrends.com/taiwan-7-eleve… #無人コンビニ #セブンイレブン #顔認証 pic.twitter.com/Vxh2QTAJPh

顔認証で入店しセルフレジで精算できる、無人コンビニが台湾にも設置される。注目を集めたのは、セブンイレブンが運営する「X-STORE」。

世界No.1の認証精度を有する顔認証AIエンジン「NeoFace」、および人工知能を活用したイメージ認識技術を活用したPOSシステム

顔認証システムは、店舗入口の横に設置した端末で事前に登録した顔画像と、入退店時に通るゲートのカメラで撮影した顔画像を照合して本人確認を行う。

事前に提供される台湾セブンイレブン決済システムに登録し、顔パスでお買い物を楽しむことが出来る。まさに現金もモバイル決済もなしで、顔パスペイメントが楽しめる。

バーコードを一つ一つ読み込ませる必要がないため、決済における商品の読み取りを大幅に効率化するという。

ローソンのレジもめちゃ進化してて

スマートフォンに事前にローソン公式アプリをダウンロードし、利用社自身が商品バーコードをスマホのカメラで読み取ることで、店内のどこでも決済できるサービスとなる

「Amazon Goより日本に合う」――レジ待ちゼロ「ローソンスマホペイ」の先の未来 itmedia.co.jp/news/articles/… pic.twitter.com/oUCCu1lmoE

9月以降、大都市圏の店舗を中心に導入し、2018年度末までに100店舗で使えるようにする計画だ。

もちろん、パックに詰めている店内で調理したフライドフーズ・まちかど厨房のお弁当も、対応しているよ。

9月には、スマホ決済のキャンペーンを開催

ローソンでは9月11日から9月30日までの間、「ローソンで毎日、コーヒー無料。」キャンペーンを実施する。

1 2