1. まとめトップ
  2. 雑学

この記事は私がまとめました

■コミュニケーション障害

コミュニケーション障害とは、対人恐怖症などと同じ病気の一つです。先天性の障害を持っている人もいれば、なんらかの精神的ショックで後天的に発病する人もいます。

基本的に人と接触することが苦手となるのだが、心の中では寂しい、誰かと繋がっていたいと思いインターネットの世界にのめり込むことが多い。

■ネットで何でもできる時代。若い人がコミュ障になることが多くなっています

コミュニケーション能力、いわゆるコミュ力は高ければ高いほど人間関係においてより優位に立つことが出来ます。

治すのが難しそうなコミュ障ですが、ちょっとした勇気で改善することが出来るのです。

■まずは、姿勢を見直してみましょう

猫背だとそれだけで暗い人というイメージを持たれてしまいますので、背筋を伸ばして胸を張り姿勢を正しましょう。

姿勢を正して心を安定させることで、仕事のパフォーマンスもあがります。対人印象も良くなるし仕事の結果もよくなります。

■そして、話すときは相手に興味を持ちましょう

コミュ障の方にありがちなことですが、一方的に自分の事だけ話しするのでは会話にはなりません。

相手の事や相手の話について積極的に興味を持つことで、話を自然に掘り下げられるようになります。

たとえば、サッカーについての話になったなら、相手に興味を持つことでいくらでも話題は浮かんできます。

■聞き上手になると、好感度がさらにアップします

会話の中でのコミュ障の治し方としては、聞き役としてのレベルアップをおすすめします。

基本は相手の目を見て「うなずくこと」です。とてもシンプルですが、これをやるのとやらないのとでは相手が受ける印象が全く違ってきます。

そして、積極的に共感すると、相手も楽しく話してくれます。すぐ相手の話に反論する人は要注意です!

■また、中々会話ができないという人は、挨拶から始めてみましょう

挨拶をするだけなんて効果があるのかと疑われるかもしれませんが、日頃から笑顔で挨拶をすることで、周囲から話しかけやすい存在になるというのが肝です。

まずは、自分からあいさつをしましょう。エレベーターで一緒になった時、廊下ですれ違った時に、「こんにちは」と声をかけてみましょう。

1 2