1. まとめトップ
  2. IT・ガジェット

ウソだろ・・・iPhone発表のウラで相次ぐ「絶望の声」

Apple新発表の裏側では、悲しみの声も上がっていました・・・

更新日: 2018年09月13日

45 お気に入り 308014 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

senegirlsさん

世界が注目したiPhone発表会

iPhoneのフラグシップシリーズはiPhone XSと呼ばれ、カラーバリエーションはゴールド、シルバー、グレーだ。

iPhone XSには、Super Retina OLEDディスプレイが採用されている。ダイナミックレンジは60%拡大している。

予約開始は、9月14日16時01分(日本時間)から。日本でのアップル直販一括価格は、いずれもストレージ容量別に3種類

iPhone XSは64GB版が11万2800円、256GB版が12万9800円、512GB版が152800円(以上、すべて税別)。

大画面モデルの「iPhone XS Max」

5.8インチ版のモデル名は『iPhone XS』となりました。焦点だった発音は「テンエス」となります。

さらに6.5インチモデル『iPhone XS Max』(テンエス マックス)も同時発表となりました。

画素密度はiPhone XSと同じ458ppi、つまり画面解像度も2688×1242ドットと高くなっている。

「iPhone XR」は6色展開

ホワイト、コーラル、ブラック、イエロー、ブルー、レッド全6色の豊富なカラー展開。

ディスプレーは6.1型で、液晶パネルを採用する。ノッチ付きの縦長画面で、Face IDに対応するのは同じだが、画素密度はiPhone 8と同じ

64GB版が8万4800円、128GB版が9万800円、256GB版が10万1800円(それぞれ税別)となります。

予約開始は10月19日〜

一方、SNSでは悲しみの声も上がっていて・・・

SEの幅はわずか58.6mmで、70mm前後が多い他の機種と比べても小さくて持ちやすい。

iPhone新製品が発表されましたが、その裏側ではひっそりと消えていった機種もあります。それはiPhone 6s、iPhone SEの2機種です。

iPhone 6s/6s Plusは2015年、iPhone SEは2016年、iPhone Xは2017年に発売されたモデルだ。

1 2 3