1. まとめトップ

グッバイiPhone SE…新型iPhone登場で姿を消した機能

新型iPhone(アイフォン)となる「iPhone XS」「iPhone XS Max」「iPhone XR」が発表された。その陰で、iPhone XやiPhone6s、iPhone6s Plus、iPhone SEの販売中止やイヤホンジャック完全撤廃など従来の機能が姿を消していました。

更新日: 2018年09月13日

2 お気に入り 1850 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ARなどへの対応を強化した新型iPhoneが発表される一方、あの端末や機能が無くなってしまいました。

nyokikeさん

▼Appleが新型iPhoneを発表! 全モデルホームボタン非搭載となった

アップルが本日(9月13日)未明に発表した「iPhone XS」「iPhone XS Max」「iPhone XR」の3モデルは、いずれもベゼルレスの全画面ディスプレイを採用。2007年に発売された初代iPhoneからの伝統である、画面下のホームボタンが全モデルで非搭載となっています。

姿を消したのはホームボタンだけではありません。「iPhone 5s」で初導入された指紋認証「Touch ID」にも非対応。顔認証の「Face ID」にその役割を譲っています。

価格は、iPhone XSがiPhone X発売当時と同じ額になっていますが、追加された512GB版が15万円超え。一方のiPhone XS Maxは512GB版が16万4800円で価格もMax。

iPhone XRは、TrueDepthカメラが搭載されているにも関わらず、販売価格は84,800円(税別)からとiPhone XSよりも値段が抑えられているため、3Dセンシング機能がより多くの消費者の手に届きやすくなっています。

▼新型iPhoneのの基本スペック

【値段もMAX】iPhone新機種、基本スペック比較まとめ 「iPhone XS」「iPhone XS Max」は9月14日予約開始・21日発売、「iPhone XR」は10月19日予約開始・26日発売となります。 pic.twitter.com/YsZNID2TTc

iPhone XSの基本スペック

iPhone XSはiPhone Xの直系の後継機。5.8型有機EL搭載で、サイズもほぼ変わっていない。ただ、CPUは機械学習に特化したコアも搭載するA12になったほか、防水・防塵性能はIP68へと強化され(従来はIP67)、本格的な防水性能になっている。

iPhone XS MaxとXSは画面サイズとバッテリー駆動時間以外の仕様はほぼ同じ。iPhone Xとこれら2機種の差は、7nmプロセスルールで製造されるA12 Bionicチップによる性能向上、被写界深度が調節できるようになったカメラ、防水性能の向上、512GBストレージ設定の追加といったところ。

7nm(ナノメートル)プロセスルールで生産されたA12 Bionicチップは、A11よりもはるかにパワフルで、写真を撮った後にボケ具合の変更ができたりと、カメラ機能を求めてデバイスの購入に走るユーザーもいるかもしれない、とAxiosのイナ・フライド氏はコメントしています。

ビデオ撮影時の音声がステレオ録音可能になったところも、地味ながら実用面では大きな変化と言えるでしょう。

iPhone XS Maxの基本スペック

iPhone XS Maxは、そのiPhone XSの画面をさらに大型の6.5型有機ELにしたモデル。画素密度はiPhone XSと同じ458ppi、つまり画面解像度も2688×1242ドットと高くなっている。

iPhone XRの基本スペック

ホワイト、コーラル、ブラック、イエロー、ブルー、レッド全6色の豊富なカラー展開。

比較的安価なiPhone XRは6色展開が魅力的。ただし、本機のみ発売は10月となる。ディスプレーは6.1型で、液晶パネルを採用する。ノッチ付きの縦長画面で、Face IDに対応するのは同じだが、画素密度はiPhone 8と同じ326ppiで、解像度も1792×828ドットに留まる。

さらにカメラはシングルで、防水防塵もIP67だが、CPUはiPhone XSと同じA12。バッテリーの持ちもスペック上はiPhone XS Maxをさらに上回っている。なお、3D Touchには非対応となった。

【新型iPhone まとめ】 ・三種類の新型が登場(Xs,Xs max,XR) ・どれもXとほぼ同形でホームボタンは無し ・XR はレンズが1つになったカラバリ豊富なX(8万円程度) ・Xs max は従来のplus(12万円程度) ・Xsはメイン(11万円程度) 防水機能が若干アップ。ARやゲームが好きならXs,Xs maxありかも。

▼一方で無くなってしまったあの端末

現行のiPhoneラインナップとして紹介されたのは、iPhone7、iPhone8、iPhone XR、iPhone XS、iPhone XS Maxの5モデルであり、iPhone XやiPhone6s、iPhone6s Plus、iPhone SEが販売中止となったことがわかりました。

前までiPhone6sとiPhone6s Plusの販売ページがあったWebリンクにアクセスしてみると、自動的にAppleホームページに戻されるようになっており、製品ラインナップからもiPhone X、iPhone6s、iPhone6s Plus、iPhone SEが姿を消しています。

・iPhone 6やiPhone SE…長く愛された端末でした

#AppleEvent むしろ、今回有益なのは8の値下げだろ。 8買っとけ8!!性能面もいいし!!指紋認証だし!!なにより、ホームボタンあるiPhoneの正当後継機だぞ!! pic.twitter.com/toxcX3Mhp2

1 2