脱・唇おばけ!誰でも「赤リップ」が似合う神ワザ

いま定番化してきた「赤リップ」。かわいいのはわかってるし、挑戦してみたけど、どうも似合わない...(´;ω;`)っていう方に朗報です!似合うようになるテクがあります♡ぜひ試してみてください。

更新日: 2018年09月16日

116 お気に入り 115734 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

赤リップつけたいけど似合わない...

赤リップとか似合わないから… 赤リップ塗ったら唇だけ浮くんだよ… 唇おばけになるんだよ… 私だって赤リップつけたいよ…()

バイト先に赤リップつけていったら 店長に「人食ってきたのか?」と言われたけど 赤リップが似合わない人もこの世にはいるんや! twitter.com/yashimanato/st…

かわいいけど難しい…。そこで、赤が似合うようになるワザを紹介します。

似合う赤色は、肌色でキマる!

肌の色とマッチしない色をつけると、それだけで顔色が悪く見えたり、違和感を感じたりするもの

黄味よりな肌はオレンジ系の赤、色白の方はピンク系の赤リップ、小麦色の肌はオレンジ系、もしくはベージュ系の赤リップ

イエローベース※さんはイエローグロス、ブルーベース※さんがブルーグロスをそれぞれ重ねるだけ。簡単に、しっくり来る色にチェンジできる

※イエローベース:黄みがある肌のこと。
ブルーベース:青みのある肌のこと。

色の濃さで印象チェンジ♡

まずはナチュラルに発色し、口紅よりも使いこなしやすい赤グロスから使うのをオススメ

赤リップ似合わない!って思ってたけど、シアーな明るめの赤リップだったら大丈夫そう!

塗り方次第で似合うかも!

直塗りすると、鮮やかな発色になりますが、指でスタンプを押すようにポンポンとのせれば輪郭がぼやけ、ラフに使うことができます

唇の形や厚さにコンプレックスを持ってる子にオススメな塗り方。

今っぽく旬顔にみせたいなら、グラデリップがオススメ。内側からジュワッと発色しているような血色感を与えてくれます

【さらに…】唇の中央のみに色をのせるため、本来の大きさや厚みを賢く活かしならメイクをすることができる

メイク全体のバランスも重要

ケバい印象にならないためのポイントは、色より質感と思っています。一番避けたいのは、「いかにもメイクしました感」が出てしまうベースの粉っぽさ

ツヤすぎず、マットすぎない質感にすると◎

チークだって肌同様、控えめに仕上げるのが◎。その日だけはチークはなし。塗るとしても、肌に仕込む感覚でさりげな〜く取り入れるのが正解

つけすぎは舞台メイクになっちゃうかも...

❤クリアレッドで魅せる“ほのセクシー”な秋の旬顔 色っぽ #リップ に欠かせないのはやっぱり赤赤は赤でも、マットめな質感で肌にしっくりとなじむ #赤リップ が多い今シーズンリップの質感に合わせて目元もヘアも柔らかくまとめて▼ buff.ly/2whUDmS pic.twitter.com/1FTJ8sUlnS

アイメイクも柔らかくしてあげると、さらに良さそう♪

1