1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

どんな理由が…?Googleが社員にバーニングマン参加を促すワケ

米Googleが社員にバーニングマン参加を促しているといいます。果たしてその理由とは?

更新日: 2018年09月13日

24 お気に入り 10922 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

信頼のおける情報を元に作成しています。

■Googleがバーニングマン参加を社員に促してる

グーグルの創業者であるラリー・ペイジとセルゲイ・ブリンは、「バーニングマン」に毎年欠かさず参加している。

ネバダ州のブラックロック砂漠で開催されるイベント「バーニングマン」への参加を従業員に推奨しているグーグル

極めて初期の頃から、ペイジとブリンはバーニングマンの熱狂的な参加者だった。グーグル本社の吹き抜けには長い間、バーニングマンに参加した2人の写真が飾られていた

■先に進む前に「バーニング・マン」とは?

バーニング・マンは、アメリカ北西部の人里離れた荒野で年に一度、約一週間に渡って開催される。

名称の由来は巨大な木人形「ザ・マン」を作り、最終日が近づくと燃やす儀式(会場内の建造物も完全に燃やされていく)から名付けられている。

2016年には、約7万人が参加。27日から始まった今年のバーニングマンにも、同じくらいの人が集まっているようだ。

そこまで行かなければ、世界の金銭的または希少性の階級構造から抜け出すことはできない

他者と出会い、新規に友人を作り、交遊し、問題を解決し、コミュニティを形成する。この劣悪な自然環境下で生きていくためには、おのずから隣人たちと助け合う必要に迫られる

日中は40度近くまで気温が上がり、夜には5度あたりまで気温が下がる過酷な砂漠環境で、参加者同士が助け合い、コミュニティーを作り上げていくというのが、バーニングマンの基本コンセプト

バーニングマンから帰ってきてもう一週間たった 今年は、多少英語がましになったからコミュニケーションが格段に増えた、こんなにたくさんの人と気持ちよく話せたのは初めてじゃなかったろうか。 pic.twitter.com/vT9N2yoB0W

バーニングマンめちゃくちゃ参加してみたいな… ここ5年の目標にしよう

バーニングマン…クレイジーだけど理にかなってる。そして日本の会社は真似してはいけない。あくまで自分の意思で行くこと前提ね グーグルは、社員を「恍惚状態」にさせている toyokeizai.net/articles/-/237… #スマートニュース

会社の人がバーニングマンっていうアメリカのお祭り?的なやつに行ってきたらしいんだけど、最高すぎて言葉が出ない…  お金のやり取りは一切禁止、ギブアンドギブの精神でサバイバルするんだって...死ぬまでに行きたい… youtu.be/CJ2z4u5FF14

アメリカのバーニングマン凄かったー。1週間あそこで過ごしたら人生観変わりそう。テンプルでみんなの思いを共有してたのもとっても素敵。

■Googleはバーニングマン参加で何を得たいと思っているのか?

参加者は日頃の価値判断の基準から引き離されて、普段の意識状態を超えた自分、いわゆる「ゾーン」を体感できる

ハイブマインド(集合意識)が人々の間に広まるからだと述べている。「エンジニアリングの仕事が、全員で職業的恍惚(エクスタシー)を感じる経験に変わる

共通点のまったくない考えと考えを結びつける水平思考によって、創造力が爆発的に高まる(リッチネス)

■グループフローを作り出す「一つの材料」になる

バーニングマンで起きることは、オックスフォード大学の最近の研究でも明らかなことだが、参加者の意識をある特別な方向に向け、人々を“グループフロー”の状態に導く

クレイジーな程ハイになる体験を通して、人は新しい自分と出会い、成長していくことができる。

集団によるグループフローは、創造的なコラボレーションやイノベーションにとっても重要な要素である

1 2