早く知りたかった…iPhoneの「グッと押す」裏技が便利すぎ

iPhoneをタッチするのではなくてグッと押すことで利用できる「3D Touch」機能。意外と知らない人も多い中、普段使いしている人からは絶賛の声が。連絡先交換や現在地共有など、生活のあらゆる場面でとっても便利で…

更新日: 2018年09月13日

171 お気に入り 231201 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

あまり使われていない便利機能。。

ホーム画面に置いてあるアプリのアイコンをぐっと押すと、3D Touchに対応しているアプリに関しては、ショートカットの機能が表示されます

iPhone 6s以降で使用できます。iPhone 6s、6s Plus、7、7 Plus、8、8 plus、それにiPhone Xです

新しく発売された端末でも一部対応されてる。

インスタなら、そのままカメラ撮影をしたりすぐに投稿したりすることが…

「設定」→「一般」→「アクセシビリティ」→「3D Touch」で、細かな機能調整も可能です。

これが生活のあらゆるシーンで大活躍

「LINE」アプリをグッと押すと、すぐ使いたいメニューがいくつか出てくる。あとは、「QRコードリーダー」からそのまま交換できる。

LINEアイコンをグッと押してみてください。感圧タッチが働いて、「QRコードリーダー」にすぐにアクセスできます。あとは、いつも通り連絡先を交換するだけ

現在地に加え、登録した場所の天気が一瞬でわかる。旅行先や出張先でパパッと使えて便利。

アプリを開くことなく予報をチラ見することができます。登録した他の地点をダイレクトに開くことも可能

「現在地を送信」を押すと、そのままメッセージで相手に現在地を伝えられる。

タップをするとメッセンジャーなどで簡単に自分のいる位置を共有することができます

SNSアプリを手軽に投稿したり、溜まった通知をまとめて削除したり、各アイコンをグッと押すと良いことが。

※今後発売のiPhoneには、一部未対応

アップルが9月13日に発表した『iPhone XR』には、これまで液晶ディスプレイモデルにも搭載されていた3D Touch機能が搭載されていません

1