10kW未満であれば、出力制御対応設置義務のない東京電力・中部電力・関西電力の価格は、1kWhにつき28円。出力制御対応設置義務のあるそのほかのエリアは、1kWhにつき26円に設定されています。

出典どうなる!?2019年以降の売電価格。今後の太陽光発電にメリットはあるの?

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

これはショック!近い将来、太陽光発電の買取価格が半減しそう

再生可能エネルギーで発電された電力を買い取る売電制度において、早ければ4年後に今の価格から半額以下の11円に引き下げる方針を経済産業省が示しました。太陽光発電の普及に歯止めがかかることになりそうです。

このまとめを見る