1. まとめトップ

暑い季節に発毛剤はNG!季節に関わらずできる発毛対策とは?

今現在市場では多くの発毛剤が販売されています。使用しているという方も多いのではないでしょうか。暑い季節に発毛剤はあまり効果的ではないと言われていたり、暑い季節の発毛対策は非常に難しいと言われています。季節に影響を受けない発毛対策についてまとめてみました!

更新日: 2018年09月14日

0 お気に入り 107 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

京介2018さん

薄毛に悩む人にとってにとって暑い季節は大変!

夏は抜け毛や薄毛の進行を早める要因が多く、薄毛に悩む人にとって特に厳しい季節と言われています。

特に発毛剤など頭に塗布するタイプの薬を使っている場合には、その効き目が一番薄くなりやすい季節でもあります。

おじさんはすでにかなり薄毛なんだけど夏は頭皮がジリジリと焼かれてる感じがします。

夏から抜け毛: 10年ぐらい前から毎年夏から抜け毛が増え、冬には止まっていたんですが、ここ3年ぐらいは夏から ... 今年はなんだか抜け毛の量も多くて、束で抜ける感じです。 google.com/url?rct=j&sa=t… #抜け毛 #ハゲ #薄毛 #フサフサ #髪ある人生

なぜ!?暑い季節は抜け毛が増える!?

夏は太陽の紫外線が強くなったり、温度や湿度が高くなるため、特に抜け毛や薄毛が進む原因の1つである外からの刺激が強くなる季節です。

そのため、薄毛対策などをしている人は特に髪や頭皮に気を使わなければなりません。

また、塗るタイプの発毛薬(特に市販のもの)を使う場合には要注意です。

一般的に、湿気の多い季節(梅雨時期や夏の7月~9月)に抜け毛が増加する傾向があります。

<<理由1>>頭皮に汗をかきやすく、頭部の皮脂や湿気が増えるため

汗をかいて、そのままにしてしまうと頭皮が蒸れてしまいます。そうなると皮脂の分泌量が増えてしまったり、細菌が発生してしまい頭皮の状態を悪くしてしまいますし、汗に埃や皮脂がくっついてしまって毛穴を塞ぐなどの原因になってしまう

涼しい季節に比べ、頭皮に汗をかく・蒸れたまま過ごすという時間が増えるため、頭皮環境が悪化してしまうことが原因

特に発毛剤などを塗布している方にとっては、汗などで発毛剤が流れてしまいやすく、ただでさえ効果が薄い上にさらに、効果がでなくなってしまします。

<<理由2>>紫外線が一番強い季節なので、髪や頭皮へのダメージが大きい

夏場の強い紫外線は、直接髪の毛を傷める原因になるだけでなく、頭皮に様々なダメージを与えます。

紫外線は、髪や頭皮に大きなダメージを与えます。髪自体は紫外線を受けることによって髪の毛を構成する要素がダメージを受け、髪の乾燥や強度の低下、髪の色素や光沢の消失などを引き起こしてしまいます。

また、頭皮は紫外線を受けることで、老化が早まったり、ひどい場合には軽いやけど状態になることがあります。髪と頭皮にとって紫外線は大敵です。

まだ抜け落ちる予定ではなかった毛髪が脱毛し、さらに次の毛髪も不健康な状態で生えてくるので、通常より早く抜け落ちていきます。

そのサイクルが繰り返し起こると、髪の毛の量がどんどん減っていって…

これが薄毛のサイクル(ヘアサイクルの乱れ)なのですが、夏に抜け毛が多い人は、すでにこの悪循環に陥っている可能性が高い

夏に抜け毛が多い、薄毛が進む、という人はすでに髪の生え変わりサイクル(ヘアサイクル)が乱れている可能性が高いので、夏でなくとも抜け毛や薄毛が進んでいく可能性が考えられます。

こういった傾向がある場合には少し頭皮や髪の事に関する対策や治療などを検討してみましょう。

<<理由3>>髪や頭皮に影響のある行動をとることが多くなる!

夏に海水浴やプールに行って思いっきり楽しむのはいいですが、髪にかなりのダメージを与えてしまうため、薄毛なら回数を減らしましょう。

塩分は海だけでなく、プールにも消毒するために塩素剤が入っています。

髪を守っているキューティクルは水に濡れると開くため、そこから髪内部に塩分が入ると、メラニン色素を壊してしまう。

海水はアルカリ性なのでタンパク質を溶かしてしまう。髪の主成分であるケラチンもタンパク質ですから、髪表面のキューティクルを破壊するため、ダメージヘアとなります。

<<理由4>>帽子をかぶることが多くなる

長時間帽子をかぶると、頭の中が汗で蒸れてしまいます。

先ほどご紹介した頭皮に住む常在菌がこの蒸れによって繁殖してしまい、髪と頭皮にダメージを与えてしまいます。

超事案の帽子着用もはげの一因となってしまうため、あまり好ましくありません。

夏は紫外線から髪の毛を守るために帽子の着用が推奨されていますが、長時間の帽子の着用は蒸れてしまい髪や頭皮を痛める要因になります。

<<理由5>>冷房の影響

1 2 3