1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

Altria1123さん

疎開先の神社

956 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/16 12:02
叔父の話を一つ語らせてもらいます。

幼少の頃の叔父は、手のつけられない程の悪餓鬼だったそうで、
疎開先の田舎でも、畑の作物は盗み食いする、馬に乗ろうとして逃がす等、子供達のガキ大将を自負するようなDQNでした。

さて、その疎開先には、地方にしては大きな神社がありました。
「今となっては何を祭っていたのかもわからん」だそうですが、
桜の木が何本も植えられていて、春ともなれば正しく満開の桜が見物できたのでしょう。
また、聖域とでも言うのでしょうか。
「子供達がむやみに近づいてはならない」という、暗黙の了解があったようです。

957 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/16 12:02
しかし、そこはDQNな叔父のこと。
「やってはいけない」と言われれば、反発心が刺激されます。
ただでさえ娯楽の無い疎開先。いずれは出ていくという気持ちもあったのでしょう。
一つのイタズラを実行に移す事にしました。
神社には、神様を乗せる(?)馬が飼われています。
これに乗って、神社の石段を駆け下りようというのです。
勿論、昼は大人達の目がありますから、夜のうちから神社に忍びこみ、朝のお勤めの時に馬で駆け出す…みんなびっくり!
俺様の株、急上昇!(゚д゚)ウマー という作戦でした。


958 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/16 12:03
予定どうりに深夜部屋を抜け出して、神社へと向かう叔父…
満開の夜桜が近づくにつれ、叔父の耳に場違いな音が聞こえてきました。
ぽんぽん…ぽぽん…それはツツミの音だったそうです。
最初は大人達が酒盛りでもしているのかと警戒した叔父ですが、
こんな深夜の、この戦時中に、ありえない事くらい子供にもわかることでした。

神社に近付けば近付くほど、ぽん…ぽぽん…という音がハッキリ聞こえます。
鳥居の影に隠れ、中を覗く叔父。


959 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/16 12:03
そこには、ひどく幻想的な光景がありました。
風に散る夜桜の花びら、ツツミをうつおかっぱの子供。
くるくる…くるくると舞う1人の女性。
叔父は時間を忘れ、その光景に見入ったそうです。

この世の物とは思えない美しさでしたが、
どこかおかしな非常識さが叔父を正気に戻らせ、家へと逃げかえりました。

翌朝、昨夜の出来事を誰かに話したかった叔父は、
思いきって、神社の神主さんに全てをうちあけました。

960 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/16 12:05
話を全て聞き終わった神主さんは、
「声をかけたか?」「見つかったか?」など、いくつか質問をした後で、
叔父にニンマリ笑いかけたそうです。
「よかったなぁ…見つからんで、ほんによかったなぁ」
「ありゃ、この世の者でない…鬼じゃ」

今でも叔父は、酒が入るとこの話をします(苦藁
「S(俺)君、鬼はいるんだよ…」
まぁ、正直俺も信じてないし、オカルトとも微妙に違う気がすんだけど、アホくさと思いながらも書いてみマスタ。

B2

エレベーターのドアが開き 若い女性が入ってきた。ほっそりとした顔立ちで女優の松〇奈〇似のなかなかの美人だ。

その女性は 行先ボタンを押すと(B2)が点灯した。

あれ?・・・先にエレベーターに乗っていた村田は不思議に思った。

たしかこのビルは地下一階までのはずだが・・・


村田はこの10階建ての雑居ビルのボイラーマンとして毎晩遅くまで働いていた。

彼は独身で お人良しときているから人の分まで仕事を引き受けてしまい その日はとうとう最後の点検時間までそのビルに残るはめになってしまったのだ。

狭いエレベーター内には 村田のその女性しかいない。

ドアの近くに立っている彼女の後姿に つい目がいく。

ミニスカートからのびるスラリとした足がとても悩ましい。

また何とも言えぬ 香水の香りが鼻腔をくすぐる。

村田の視線を感じたのか 女性が振り返った。

彼は目をそらすと わざとらしく上の階表示を見た。

すると どうしたことかエレベーターは一階を過ぎ なおも下に向かっている感覚だ。

慌ててボイラー室のある地下一階のボタンを押そうと思ったが 彼女の体が邪魔して押せない。

「あ・・・あのすみません。 地下一階押してもらえませんか。」

「地下一階でございますね。 かしこまりました。」

彼女はまるでエレベーターガールのような口調で対応し ボタンを押したがもう遅かった。

「地下2階って・・・あるんですか?」 村田が聞くと

彼女はにっこりと笑みを浮かべながら言った。「行けば分かりますわ」・・・と

やがてエレベーターは止まり 音も無くドアが開く。

しかし何もないし 何も見えない。

何なんだ・・・此処は一体・・・。

すると 女性がス~と出て行き まるでその階に溶け込んでしまったかのように姿を消してしまった。

村田は一瞬背筋が凍りつくような感覚を覚えたが 無我夢中でB1ボタンを押した。

エレベーターは何事も無かったかのように上昇し 彼はほっとした。

しかし エレベーターを降りた彼は 恐ろしい事に気が付いたのであった。

今見ても 壁の階表示灯は地下一階までしかない。

では さっきの地下2階は 何だったんだ・・・

それに あの綺麗な女性は・・・

・・・とその時 「どうかしましたか?」

薄暗い地下一階のエレベーターホールの前に立ち尽くしている村田に 深夜警備のガードマンが声をかけた。

「あ・・・あの ここは地下一階までしかありませんよね?」

「はい そうですけど」

「しかし今 地下2階まで降りたんですよ。女性が一緒に乗ってて その女性 そこで降りたんです」

ガードマンは一瞬 ためらうような素振りを見せ 「ま・・・またですか。」

「えっ? 何ですか またって?」

「このビルが建った当時 ここはデパートでしてそれでエレベーターガールがいましてね。その中の一人が上司との不倫に悩んだあげく 屋上から飛び降り自殺したのです。それでも彼女は 職業意識が強く 時々 ああやってエレベーターに乗っているんでしょう。」

村田はがくがくと膝を震わせながら

「じゃ・・・じゃあ 僕もあの時地下2階で降りていたなら あの世に引き込まれていたって事なのか?」

「いや その心配は無用ですよ」

ガードマンはキッパリとした口調で言い また見廻りに向かおうとした。

「何で そんな事が言いきれるんだ‼ 僕は顔を見られたし 話もした‼ これからも時々付きまとわれるかもしれないじゃないかっ‼」

ガードマンは立ち止まり 振り返るとこう言った。

「大丈夫ですよ。 彼女は僕に会いにくるだけなんですから」

「彼女の 不倫相手と言うのは この僕なんですよ」

そう言うと ガードマンはニヤリと不敵な笑みを浮かべ ス~と暗闇の中へ消えてしまった。

村田は腰が抜けてしまい その場にへなへなとへたりこんでしまった。

初めて遭った金縛り

大学2年の時でした。今から20年以上前のことです。初めて金縛りに遭いました。

中学の頃から親しかった友人がバイクのツーリング中事故で亡くなりました。
当時、友人が亡くなるという経験がなかったので、とてもショックでひどく悲しみました。
私は遠くの大学にいて葬儀などは行けませんでしたが、友人の死をとても悼みました。
それから数日後のある朝。

大学生のひとり暮らしで夜遅く寝て、朝遅く起きるという生活をしていて、おそらく朝8時頃だったと思います。
まだ寝ていて、夢を見ていました。

そこは私の実家で兄が風呂から上がってくるという場面でした。夢の中では兄は死んでいるという設定になっていて、風呂から上がってきた兄を見た私は「兄貴、おまえは死んだはずだから出てきちゃいけないんだ!」と言ったのです。そう言った後、少しずつ目が覚めて現実の感覚に戻りつつあったとき「あれ、兄は死んでいないよな? でも最近だれか身近かな人が死んだような・・・。あ、そうだあいつ(友人)が死んだんだ!」と半ば亡くなった人に対してそんな軽い気持ちで思ったのです。

その直後、全身に電気が一瞬走ったような気がしました。そして体の一部を動かそうとしても動かない!
すぐにこれは金縛りだと感じました。とても怖かったです。
そして友人の霊みたいのが近くまで来たような気がしました。

どうすれば良いか分からず、ただただ金縛りが直るのを待っていたら、おそらく1分くらいした後、頭がふっと軽くなり、頭部の金縛りは解けました。またしばらくすると、上半身が解けて腕までは動かせるようになりました。
この調子でいけば全身直るだろうと思っていましたが、下半身はなかなか解けず、どうしようかと思いましたが、思い切って腕で全身を持ち上げてみました。
そうしたところ下半身もふっと軽くなりようやく金縛りから解放されました。

金縛りに遭ったのが夜中ではなく明るい朝だったので若干恐怖感は少なかったかもしれませんが、なにせ初めての体験だったので怖かったです。
その後も2年くらいは時々金縛りに遭いました。

しかしだんだん慣れてくると、金縛りになりそうだなという感覚が分かってくるんですね。
あ、金縛りになる!と思ったその瞬間、どこでもいいので体を動かせばいいのです。だまっていると金縛りになりますが、動けば大丈夫です。
これは元バレーボール日本代表だった川合俊一氏も言ってました。
金縛りは疲れているときになりやすいなどと言われていますが、私の場合はそういうことに関係なかった
です。

築40年の部屋

483 :本当にあった怖い名無し:2007/09/12(水) 20:14:21 ID:GFitRJp8O
俺が昔住んでた部屋は、幾つか不可解な点があった。

築40年の共同トイレ・共同流し・共同風呂って部屋なんだけど、
押し入れの天井にある点検口が、夜中に何回も跳ね上がった。
最初は風かな?って思って、点検口の蓋をガムテープで留めたんだ。
で、ある晩。押し入れからガタガタ音がする。
よく耳を澄ませると、「開けろ…開けろ…」って声付き。多分、オッサンの声かな?
その時俺は丁度寝たばかりで、折角ウトウトしてたのを邪魔された怒りから、
「ウルセ~!閉めとけ馬鹿!!」って言ってしまった…。
朝起きてからビビったけど、それ以来押し入れの点検口がガタガタいったりするのは無くなったよ。

もう1つは、ひたすら廊下を歩く音。スリッパを履いてるのかな、パタパタ音がする。
こっちは素直にビビったので、ずっと好きに歩かせておいた。

他にも変な事があったけど、また後日。


484 :本当にあった怖い名無し:2007/09/12(水) 20:56:04 ID:Ato7/mS50
wktk
続き期待してるよん!
因みにその建物は現在でも存在しているの?


498 :483:2007/09/13(木) 09:53:11 ID:sRVOG2HFO
>>484
建物自体は、まだ現存してるよ。
あまりにボロくて、俺が居る当時も、俺以外では1人しか住んでなかった。
最も、その人も結構怪し気だったけど…。

廊下をスリッパで歩く音は、一度だけ「しつこいぞ、お前!」って言いながらドア開けたけど誰も居なくてさ。
しかも、足音の種類が増えやがった。
無遠慮に歩く音、女性が小走りするような音、そしてスリッパの音…。
それ以来、怖くて放置。


499 :483:2007/09/13(木) 10:01:07 ID:sRVOG2HFO
他にも一晩中、隣の空室から女性の声で「イヒヒヒ…イヒヒヒ」って笑う声とかもしたんだけどさ。
でも、一番恐ろしかったのは、もう1人の住人だな。
夜中に奇声出して暴れたり、俺の部屋に突入しようとしたり、
廊下に座り込んで「バンバラバ~バンバラバ~!」って、ひたすら唱えてたり。

まあ、今となっては貴重な体験ですよ。


500 :本当にあった怖い名無し:2007/09/13(木) 16:48:02 ID:ED4x5N8LO
>>499
無事でよかったですね(゚Д゚;)!
幽霊も怖いけど、やっぱり怖いのは人間なんだな~って改めて思いました。

501 :483:2007/09/13(木) 20:37:20 ID:sRVOG2HFO
>>500
恐かったです。突入されそうになった時は特に。

あと、上記とは別のアパートの話なんだけど…。
夜中、疲れて部屋に帰ってきたのね。
自分が住んでる部屋って1Kなんだけど、玄関開けるとまず、4帖ぐらいの台所があるのね。
で、玄関開けたら、その4帖スペースにさ、
全身に白い粉みたいなのを塗って、四つん這いでシャカシャカ歩いてる(這ってる)ハゲオヤジが居たのさ。
俺が「うぉぉぉっ?!」ってビビった瞬間、白い奴は方向転換して居室方向へ逃げてった。
最初はビビったものの、俺の部屋で何してやがる!と思い直して後を追ったのよ。
したらソイツ、居室の押し入れにシャカシャカ逃げ込もうとしてた。

この野郎!って感じで背中に飛び乗ろうとしたら…空中に溶けるみたいに消えちゃった。
取り敢えず相手は幽霊だけど、確実に人間から逃げようとしてる。
つまり、俺が恐れる事は何も無い。そもそも、家賃払ってるのは俺だし。
…って事で、まだ住んでます。その部屋。
今度出てきたら、家賃半分払わせてやる。

俺が体験した話は以上です。

隙間男

これは、私の体験談です。


私たち男女4人が大きなペントハウスのある、キャンプ場にやってきました。(仮に私、A子、B子、C男として)

四人は、はしゃぎながらまずペントハウスに入ろうという話になりました。

入ってみると、広くとても豪華な作りになっていて、たいそう喜びました。

四人キャンプは後にして、年甲斐もなくかくれんぼをして遊ぶことに。じゃんけんで鬼を決めようとしたとき、ふと視線を感じた私があたりを見回すと、壁と冷蔵庫のほんのわずかな隙間に何やら、緑色の『何か』見ました。しかし、ふっと消えたため見間違いだろうと気にしなかったんです。

じゃんけんの結果、鬼は私になり、後の三人が隠れるということになり一分間数えました。

私「も~いい~か~い」

「も~いい~よ~」

返事が返ってきたので探しに行きました。しかし、広いといっても限りのあるこのペントハウスなのに、いくら探しても、見つかりません。

私「もう!どこに隠れたのよ!?」

と少し退屈になっていたとき。どさっ!と何かが落ちる音がしました。音のほうは台所で、(しめた!)と思って台所に行くと。そこには、全身が緑色に染まっている、C男とA子でした。ほとんど半狂乱状態に陥りそうなのをこらえて、救急車を呼ぼうと携帯を取り出してかけてみても。圏外になりました。

(なんで?!来たときはつながったのに?!)すると、今度はごとっと、何か重いものが倒れるような音が響きました。恐る恐る、音のした方に行くと、そこにはB子がまたも、緑色に染まって倒れていました。

もう何が何だかわからない状況になってしまい、焦っていると


『も~いい~か~い』


とどこからか聞こえてきました。私はここでじゃんけんをする前に見た、緑色の物体を思い出しました。

(もしかしてあれなのかな?)と考えていると。『も~いい~か~い』と聞こえてきました。

1 2