1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

水卜がNHKで、桑子が日テレ!?22日はNHK×日テレ「コラボデ―」が楽しそう

共に1953年に放送を開始したNHKと日本テレビが、9月22日を「コラボデ―」として様々なコラボ企画(NHK7番組、日テレ5番組)を実施。特別番組『 スポーツのチカラ』には両局の人気アナが出演し同時放送。また、両局の人気番組『嵐にしやがれ』『LIFE』には出演者が相互乗り入れする。

更新日: 2018年09月22日

7 お気に入り 10429 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

◆視聴率三冠王として独走する日本テレビ

現在、視聴率争いで他局の追随を許さず、独走中の日本テレビ。

日本テレビは2日、2017年の年間視聴率が、全日(前6:00~翌前0:00)、プライム(後7:00~11:00)、ゴールデン(後7:00~10:00)の各時間帯で首位となり、4年連続の三冠を達成したと発表した。

2018年1月

日本テレビは7月30日、都内の同局で定例の社長会見を開いた。各スポーツ紙によると同局が月間視聴率で56カ月連続三冠王を達成し、在京民放の新記録となったことを発表。

2018年

◆しかし、実態はNHKが“独り勝ち”という説も

日本テレビは『視聴率3冠王』を謳っているが、トップ30では、NHKが3分の2の20番組。実に66%以上を占めている。対する日本テレビは6分の1の5番組。16%である。つまり、地上波テレビでは日本テレビではなく、NHKのひとり勝ちだと言えるのではないか。

視聴率トップ30(ニュース番組で民放を圧倒)

2月9日の平昌五輪開幕以後、実際にはNHKが週間視聴率三冠王をしのぐ数字を記録。「五輪が始まるとNHKが底力を発揮します。平昌オリンピックが始まってからは、とくに強くて、本当の三冠王はNHKだねと囁かれているほどです」(民放キー局関係者)

視聴率を比較する場合、公共放送であるNHKをのぞく民放各局で競うのが通例のため、NHKは決して三冠王とは呼ばれない。そのため、日本テレビの連続週間視聴率三冠王記録が現在も続いている。

◆『24時間』vs『バリバラ』や有働アナ獲得では一見「対立関係」

有働アナ(中央右)

元NHKの有働由美子アナウンサー(49)を迎え、10月からリニューアルされる日本テレビ系の報道番組「news zero」。日テレ幹部が三顧の礼で迎え入れ、番組の青写真を見せての引き抜きだった。

NHK・Eテレが24時間テレビを真っ向から意識したと見られる『バリバラ~障害者情報バラエティー~』をオンエア。

2016年から毎年

「障害者が努力する姿を感動的に取り上げる」企画が目立つ24時間テレビの裏に生放送するとあって、ネット上では「日テレに宣戦布告したな」「挑戦的な企画」などと大きな話題を集めることになった。

◆ところが、そんな両者が手を組んでコラボ番組を放送

1953年に放送を開始したNHKと日本テレビが、来年2019年のラグビーW杯を中継を控え、『テレビ放送65年』『ラグビーW杯1年前』を記念した両局コラボデーを9月22日に実施する。

「NHK(日本テレビ)でおなじみのあの人が、日本テレビ(NHK)に!?」といった、驚きと楽しみが満載のコラボ企画が展開される。

◆特別番組は同時放送され、両局の人気アナが出演

左から武田真一、水卜麻美、桑子真帆、桝太一

同日は、特別番組『NHK×日テレ同時生放送!テレビ65年 スポーツのチカラ』(前10:30) が両局で同時生放送される。

現在までの65年間に繰り広げられた名勝負や名場面、テレビのスポーツ中継にまつわるエピソード、『2020東京オリンピック・パラリンピック』『ラグビーワールドカップ』に関する話題などで構成される。

進行はNHKの武田真一、桑子真帆、日本テレビの桝太一、水卜麻美の4人のアナウンサーが務める。

MCは博多華丸・大吉&くりぃむしちゅー

◆両局の人気番組には出演者が相互乗り入れ

22日、NHK総合で放送される『LIFE!~人生に捧げるコント~』(後9:00)と日本テレビの『嵐にしやがれ』が、同時間帯の番組同士でコラボを展開。出演者の相互乗り入れという企画が実現。

『LIFE!』は、番組冒頭で『嵐にしやがれ』にNHKゼネラル・エグゼクティブ・プレミアム・マーベラス・ディレクター三津谷寛治がゲスト出演するところからスタート。 その後、嵐の櫻井翔が出演するコントを放送する。

1 2