1. まとめトップ

新卒で入社した会社を8か月で転職して教師になった私が勧める【転職の判断基準】

転職をした方がいいのか。それともしない方がいいのか。その判断基準を、新卒入社した会社を8か月で辞めて教員になった私がまとめました。

更新日: 2018年09月19日

1 お気に入り 2227 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

itaiganaさん

確たる夢がある

ずっと前から先生を目指していたから、会社員を辞めます!

公務員で安定した仕事だけど、挑戦するのが自分のカラーだ!

ずっと副業でライターをやっていたけど、その道に転職をしたい!

確たる理由と、それに伴うスキルがあれば転職していいでしょう。今の職場でくすぶっているだけでは嫌だと心から思っているのなら転職しましょう。

パワハラで精神疾患になった

命の危険があり、もう耐えられそうもないのなら一度会社を辞めて療養してから転職をするべきです。

うつ病を患ったままでは自殺のリスクもあります。うつ病は、死ぬ可能性がある病気なのです。

自殺までして仕事を守らないでください。日本という国は、働けなくても生活ができる公的扶助の制度が充実しているのです。

ポイントは、会社の制度を使ってちゃんと休み、今の職場でやっていけないことを確信してから辞めること。現代の日本では、未だに転職に対して嫌悪なイメージを抱く人も多いので、あくまで慎重に。

うつ病は、環境を変えないとなかなか治らない病気なんです……。

これ以上上を目指せない

上がつっかえていて、役職が上になれない。

年収が頭打ちになった。この会社にいても給料はもう上がらないだろう。

そう思ったら転職を考えましょう。

合わない

仕事に合う・合わないはどうしても生じてしまいます。明らかに向いてない……と思ったら辞めた方がその後のキャリアに役立ちます。

料理が得意で苦にならない人がずっと営業を続けてストレスでうつ病になったり、逆に営業向きなのに厨房で働き続けることは、道理に合わないと思いませんか?

ストレスにも質があって、個人で合うストレスと合わないストレスがあるのです。

私の場合は「教えることが向いている!」という譲れない信念があったので、教師に転職して正解だったと思います。

乗り越えられない人間関係

好きな仕事だけど、今の人間関係じゃ尻に敷かれたままだ……

どうしても嫌な上司がいる……

一番下の身分で固定化してしまっている……

1 2