1. まとめトップ

シンプルだけどおいし過ぎる豆腐料理の芸術冷奴(ひややっこ)の種類

豆腐を切って、醤油・タレなどで味付けして食べる、シンプルだけど豆腐の味がよくわかる料理冷奴(ひややっこ)のバリエーション紹介。

更新日: 2019年06月17日

1 お気に入り 158 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

冷奴大好き。

moepapaさん

冷奴(ひややっこ)とは

冷奴(ひややっこ)は、豆腐を使った料理の一つ。奴豆腐(やっこどうふ)、略してやっこともいう。主に、酒の肴や夏向きの料理として食べられる。
冷やした豆腐(絹ごし豆腐、木綿豆腐の双方が使用される)の上に薬味を載せたり、調味料を使用して食べる日本の料理である。
豆腐は数センチメートル角か、あるいは近年は一人分の大きさの直方体に切る。

薬味や調味料は様々なものが使用され、薬味は刻みネギ、削り節、おろしショウガ、ミョウガ、青じそのみじん切り、ダイコンおろし他、調味料は濃口醤油、唐辛子味噌、その他のタレなどである。
また、オクラ、納豆などを載せて食べる事もある。
語源については、食材を大きく四角に切ることを「奴に切る」ことに由来するとする説、「冷やっこい」から転じたものであるとする説がある。ただし「ヤッコ」の語は「ヒヤヤッコ」よりも古くから使われている。

様々な冷奴

オーソドックスなものは小葱やかつおぶし、しょうがなどを乗せて醤油をかけて食べます。

一時期人気だった食べるラー油をかけた冷奴も絶品です。

評判・人気

meshi 鶏と根菜の治部煮風 みょうがしらす冷奴 ズッキーニのカルパッチョ わかめ玉子スープ ぬか漬け pic.twitter.com/VfFfxENWOb

1 2