『義手でバイオリンを奏でる伊藤真波さん①』 幼い頃から水泳やバイオリンが好きだった伊藤さん 20歳の時に交通事故に遭い右腕を切断 しかし伊藤さんは挫けず、夢だった看護師になるために復学 そして、水泳も再開 22歳で北京パラリンピックに出場 100メートル平泳ぎで見事4位に入賞 演奏曲は「糸」 pic.twitter.com/reJAZHYzaY

返信 リツイート いいね

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

片腕のバイオリニスト・伊藤真波さんが奏でる『夢を叶えた音色』

元パラリンピック日本代表にして片腕のバイオリン奏者・伊藤真波(いとう まなみ、旧姓:野村真波)さんの奏でた優しい音色がネットで話題に。これまでのエピソードや演奏する姿に胸がいっぱいになります。

このまとめを見る