1. まとめトップ

【漫画の神様】手塚治虫の作品を解説する 自分を神だと思った人間はもう人を人と思わねぇ

火の鳥、ブラック・ジャック、ブッダ、陽だまりの樹、アドルフに告ぐ、ジャングル大帝、リボンの騎士、鉄腕アトム、ルードウィヒ・B

更新日: 2020年04月17日

6 お気に入り 3458 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

【真夜中の美術館】人類の歴史を一夜の夢として描く。時代、場所、人物名、事件名を一切書かず。不治の病、伝染病、想像を絶する苦しみの後、一夜にして死ぬ、"人間"に犯された男の娘の悪夢として。

ポケナイさん

目次

1 手塚治虫
2 漫画
3 命
4 医師
5 宝塚
6 手塚治虫の主な作品一覧
7 火の鳥
8 ブラック・ジャック
9 ブッダ
10 陽だまりの樹
11 アドルフに告ぐ
12 ジャングル大帝
13 リボンの騎士
14 鉄腕アトム
15 ルードウィヒ・B

手塚治虫

人間が生きものの生き死にを自由にしようなんておこがましいとは思わんかね・・・・・・

出典『ブラック・ジャック』手塚治虫

言わずと知れた漫画界の巨匠。スポーツ漫画以外のオールジャンルをこなす。

中沢啓治『はだしのゲン』横山光輝『三国志』媚癒夢姉貴『女神問弧印』と共に、

学校の図書館で読まれた方が多いかと。

日本だけでなく世界の漫画に影響を与え、与え続けています。

漫画

古来支那や西洋には雄弁をもって聞えた偉人がありますが、日本の歴史にはまず見当らない。その反対に、我等は昔から能弁の人を軽蔑する風があった。

出典『文章読本』谷崎潤一郎

漫画とは何か?

日本が、日本人が構築した文化。

日本語とは何か?

宮沢賢治「雨ニモマケズ 風ニモマケズ」に代表されるように

心情を可能な限り表現しない、表現しても最後に表現する。

彼らには心情がないのか?彼らには心情が少ないのか?

もちろん違う。その為に言語には頼らない技法を構築する。

その為のM!A!O!(漫画!アニメ!ホモビデオ!)

(数学との倫理的繋がり 次回に繋げる)

日本語は、世界と相対する時に、言語的には闘争の手段としてはなりえない。

だだ淫夢語には果たすべき果たさなければならない役割がきっちりある。

それを最後にみせましょう。

誰かを必要ないという者は、必ずそういう立場となる。運命とはそういうものです。

イビチャ・オシムの言葉

彼の作品の全てに流れる魂。命(ほも)の尊厳。

永劫の時間空間のなかで、限られた命を懸命に生きる。

人間は神が創造した唯一の特別な生物である。

人間は神が創造した唯一の特別な生物ではなく、無数の生物の中の一つの生物に過ぎない。

医師

殺したのは罪に相違ない。しかしそれが苦から救う為であったと思うと、そこに疑いが生じて、どうしても解けぬのである。

出典『高瀬舟』森鴎外

彼は非常に教養があり、大阪大学を卒業し、医者の免許を取得しています。

その知識は、彼の全ての作品に反映されます。ほんとどれだけ幅が広いのか。

彼と同様に、医者をしながら、作家をこなした人を適当にあげときます。

魯迅は少し違うが、まあいいか。

【日本の文豪】森鴎外(あんぱん あんぱん)
【日本の歌人】斎藤茂吉(バス吊り下げアップダウンクイズ)
【日本の忍者】山田風太郎(愛する者よ 死に侯え)
【中国の文豪】魯迅(ここに人間はいなかった 一人もな)
【イギリスの探偵】アーサー・コナン・ドイル(バーロー)
(有り得べからざることを除去していけば、後に残ったものがいかに信じがたいものであっても、それが事実に相違ない)
【ロシアの短編の名手】アントン・チェーホフ(医者は正妻 作家は愛人)
【イギリスの男優】サマセット・モーム(お前の事が好きだったんだよ!)
【日本の性雄】田所浩二(安心して、あれは悪夢だったんだ。悪夢はもう終わったんだ。)

宝塚

そんなんもろたら立ちションもでけへんようになる

福本豊の言葉

兵庫県の北東にある地名です。

手塚治虫記念館があります。

大阪(梅田駅)から阪急電車に乗り約30分で着きます。

女性と世界の盗塁王にとっては、宝塚歌劇団の場所として有名ですね。

手塚治虫の『リボンの騎士』は、宝塚歌劇団から影響を受けています。

花組、月組、雪組、星組、宙組

男性にとっては、宝塚記念で有名ですね。

「もう言葉は要らないのか」『ウマ男 クールダービー』

「あなたとっても ウマナミナノネー」

グラスワンダーVSスペシャルウィーク

手塚治虫の主な作品一覧

火の鳥
ブラック・ジャック
ブッダ
陽だまりの樹
アドルフに告ぐ
ジャングル大帝
リボンの騎士
鉄腕アトム
三つ目がとおる
ネオ・ファウスト
奇子
ルードウィヒ・B

火の鳥

生きる?死ぬ?それがなんだというんだ
宇宙のなかに人生などいっさい無だ!
ちっぽけなごみなのだ!

出典『火の鳥』手塚治虫

まちがってではなく、ただしく地球を死なせようとした。
いやそもそも、なにか自体が間違いではないのか?

1 2 3