1. まとめトップ

全国の水子供養ができる寺院8選

出会うことなくわが子を亡くした悲しみや苦しみを背負い続けていませんか?このまとめでは、水子供養の有用性と水子供養ができる全国の寺院を紹介いたします。

更新日: 2018年09月16日

2 お気に入り 5332 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

p_katsuragiさん

◎水子供養とは?

水子とは世に生まれる前に亡くなってしまった胎児、および生後1年未満に亡くなられてしまった赤ちゃんのことを示す言葉です。

水子供養とは、故人が水子の場合に行う供養のことで、お寺などでの法要・納骨・お参り、自宅の仏壇前で日常的に行うお祈りなどが一般的な供養方法として知られています。

元来、日本では水子の供養を行わないのが一般的な流れでしたが、わが子を亡くしたことに対する悲しみ・申し訳なさ・後悔・罪悪感などに苦しむ親御さんたちの救済を目的に始まったと言われています。

◎水子供養の歴史

水子供養の歴史は古く、最初に始まったのは江戸時代の初期頃と言われています。

それ以前までは、水子の霊は綺麗で汚れておらず、煩悩とは無縁なため、またいつの日か生まれ変わると信じられていたため、水子の供養は不要と考えられていました。

しかし、子を宿した親の立場としては、出産を迎えることなく亡くしてしまったことや、健康な赤ちゃんを産めなかったことへの罪悪感や悲しみを払拭することは今も昔も変わらず、そう簡単に出来るものではありませんでした。

そんな親御さん達の救済を目的に、水子に戒名を授け、供養したのが江戸時代の浄土宗・祐天(寛永14〔1637〕年~享保3〔1718〕年)であり、この流れは現在の水子供養にも受け継がれ続けています。

現在の水子供養は、水子供養が始まった江戸時代初期と水子に至ってしまう経緯が大きく様変わりし、不測な自然流産や死産だけでなく、自らわが子の命を絶つことを決断する人工中絶者にも水子の供養が求められるようになってきました。

◎水子供養って誰のためにするの?

水子供養は胎児や生後1年未満の赤ちゃんが無事に極楽浄土に辿り着くことを願うためだけに行う供養ではありません。

わが子が水子になってしまう経緯は様々です。

自然流産や死産、病気や不慮の事故などでお子さんを亡くした親御さんは、申し訳ないという気持ちだけでなく、深い悲しみを背負い続けます。

また、やむを得ない事情で人工中絶を決断された方は、わが子に対する強い罪悪感が自分を苦しめます。

水子供養は水子だけでなく、このような悲しみや罪悪感を抱いて苦しんでいる親御さんへの供養でもあるのです。

◎水子供養って何をするの?

水子供養とは、水子が無事に極楽浄土に辿り着けることを願うだけでなく、親御さん自身の悲しみを癒すために行う供養です。

供養は、宗派、形式、仕来りなどに縛られることなく、いつでも誰でも行うことができ、また比較的、少ない費用で行えることが特徴として挙げられます。

ここでは、寺院で行ってもらえる水子供養の内容についてご紹介いたします。

・法要

法要とはお寺の住職に、読経して供養してもらうことで、水子供養の場合、最初にお寺で行った供養と、命日などにお寺に赴いて行ってもらう供養の事です。

水子供養では、他の水子のご遺族と一緒に行う合同法要、もしくは自分、または親族のみで行う個別法要があります。

・戒名授与

お寺の住職にお願いし、亡くなられた水子に戒名を授与してもらいます。

位牌を造立して自宅の仏壇に置きたい方や個別墓への納骨、水子地蔵などに建てたい方は、戒名を授与してもらう必要があります。

・位牌造立

自宅の仏壇に位牌を置き、毎日亡くなられたわが子にお祈りしたいと考えている方は、お寺に申し出て、位牌を造立してもらいます。

なお、位牌には戒名を記す必要があるため、造立の際には、戒名授与も合わせてお願いすることになります。

・地蔵奉納

水子の魂のお世話をしてくれると言われている水子地蔵(お地蔵様)に戒名を彫り、お寺の境内などに建てる供養のことを地蔵奉納といいます。

・納骨

遺骨がある場合、お墓に納骨してもらうことが出来ます。もともとお墓を所有されている方は、代々墓に納骨出来ます。お墓を所有されていない方は、個別墓を購入するか、水子供養用の合祀墓に納骨します。

合祀墓とは他人の遺骨と一緒に墓内に散骨という方法で埋葬します。

合祀墓は、非常に安価ではありますが、1度納骨してしまうと特定の水子の遺骨を取り出すことは出来ません。

お墓への納骨以外に納骨堂の預けるという方法もあり、いずれ個別墓を建てることを予定されている方は、一時的に遺骨を納骨堂に預ける永代供養をお寺にお願いすることになります。

・お参り

水子のお墓やお地蔵様があるお寺に赴き、手を合わせてお祈りすることを指します。

お参りは、基本、どこのお寺でも日中であればいつでも自由に行うことができます。

◎水子供養の寺院の選び方

水子供養は1970年頃から急速に広まり始め、現在ではたくさんのお寺で行うことが出来ます。

ここでは水子供養を望まれる親御さんのために、水子供養の寺院を選ぶポイントをいくつかご紹介いまします。

水子供養は1970年頃から急速に広まり始め、現在ではたくさんのお寺で行うことが出来ます。

ここでは水子供養を望まれる親御さんのために、水子供養の寺院を選ぶポイントをいくつかご紹介いまします。

・水子供養に至る経緯

水子供養の寺院を選ぶ際にもっとも影響を及ぼすのが、水子供養に至るまでの経緯です。

例えば、円満な家庭のお子さんが不幸にして亡くなられた場合であれば、ご家族共々で悲しみを分かち合う水子供養を選択されると思います。

一方、自身の軽はずみな行動を発端とした水子供養の場合、人によっては自身しか知り得ず、また誰にも知られたくないといった事情を抱えている方も少なくはありません。

 -秘密厳守を徹底しているか?
 -個別法要に対応しているか?
 -知り合いに会う可能性がないか?
 -永代供養に対応しているか?
 -お参りに行けなくなっても大丈夫か?

といった点を考慮してお寺は選ぶようにしましょう。

・水子ためのお墓

1 2 3