「死」に関する樹木さんの思いをつづったこの広告を、今回の訃報を受けて思い出すユーザーも多かったようで、ツイッターには、「『死ぬときぐらい好きにさせてよ』。その言葉通り、好きに死ねたのかな。だと、良いなあ...」「宝島社の広告はとても美しく、静謐かつ衝撃だった。あの微笑みの印象が今もずっと残ってる」などの声が寄せられている

出典全文表示 | 「死ぬときぐらい好きにさせてよ」 樹木希林さん死去...印象的だった「あの広告」 : J-CASTニュース

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

死ぬときぐらい好きにさせて…亡くなった樹木希林さんの死生観がすごかった

2018年9月15日に75歳で亡くなられた女優の樹木希林さん。かねてから全身がんと告白し、その生き様も注目された希林さん。訃報で改めてその死生観にも注目が集まっています。「死ぬときぐらい好きにさせて」とするなど、すごすぎる希林さんの死生観をまとめました。

このまとめを見る