1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

Twitterで見かけた 樹木希林の「映画」といえばこれ!

先日亡くなかった名脇役の「樹木希林」さんの映画といえばこれ!代表作10作品。『下妻物語』、『東京タワー 〜オカンとボクと、時々、オトン〜』、『歩いても 歩いても』、『悪人』、『奇跡』、『わが母の記』、『そして父になる』、『あん』、『海よりもまだ深く』、『万引き家族』。

更新日: 2018年10月26日

20 お気に入り 30247 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

◆『下妻物語』(2004)

監督:中島哲也
脚本:中島哲也
原作:嶽本野ばら
出演:深田恭子、土屋アンナ、樹木希林、宮迫博之、篠原涼子、阿部サダヲ、小池栄子

深田恭子と土屋アンナ共演で描いたハイパー青春ストーリー。可愛いお洋服さえあれば友だちなどいらないと思っていたロリータファッション大好き娘の桃子は、ある日ヤンキー娘のイチゴと出会い…。

「おめぇの道を行け。他の誰とも違う、おめぇじゃなきゃだめだって場所がきっと見つかるからよ。」 下妻物語でおばあさまが桃子にかけたこの言葉は、生き辛さに心が折れそうになり泣いていたわたしを何度も勇気づけてくれました。 樹木希林さん、ありがとうございました。わたしはとてもさみしいです。 pic.twitter.com/3GoIelXkO4

映画「下妻物語」 Prime Video ~ 深田恭子 amazon.co.jp/dp/B01KU0H7UA/… この映画の主人公のおばあさま役の樹木希林がかっこいいんだよ。視ろ

樹木希林も亡くなってしまったのか… 私が1番気に入っていたのが実は下妻物語のおばあちゃん役だった。 心からご冥福をお祈りします。 長い間お疲れ様でした。

◆『東京タワー 〜オカンとボクと、時々、オトン〜』(2007)

監督:松岡錠司
脚本:松尾スズキ
原作:リリー・フランキー
出演:オダギリジョー、樹木希林、内田也哉子、小林薫、松たか子

幼いボクを連れてオトンの家を出たオカンは、女手ひとつでボクを育て上げた。やがて美大に通うため上京したボクは、オカンへの罪悪感を感じながらも自堕落な日々を送ってしまう。数年後ようやく仕事が軌道に乗り始めた頃、オカンのガンが発覚し……

樹木希林さんのドラマを小学校の時から見てました。 映画「東京タワー〜オカンとボクと、時々オトン〜」を見た時は母の偉大さや儚さを知り、学校で習う道徳の授業よりも勉強になりました。 ご冥福をお祈りします。 pic.twitter.com/pLI2KdIpn0

樹木希林さん出演作で一番思い入れがあるのが、『東京タワー』でした。 最後まで明るく息子を包み込み励ますオカンの愛情の大きさを演じた樹木希林さんの演技が魅力的です。 表情の豊かさが本当に素晴らしい大女優さんでした。 #樹木希林 pic.twitter.com/wymCWjc4zd

樹木希林さんの数多くの作品の中で僕にとって最も思い出深い作品といえば映画『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』のオカン役でした。いっぱい泣かされました。日本男子みんなのオカンでした。長い間本当にお疲れ様でした。オカン、ありがとうね。 pic.twitter.com/3uyFV3zGiy

◆『歩いても 歩いても』(2008)

監督:是枝裕和
脚本:是枝裕和
原作:是枝裕和
出演:阿部寛、夏川結衣、YOU、高橋和也、田中祥平、樹木希林、原田芳雄

長男の15周忌で実家に集まった次男一家や両親の姿を静かにとらえ、温かだが時に厄介な家族の関係を見つめていく。

樹木希林さんはどの映画でも本当に素晴らしいんだけど、ずっとずっと脳内に灼きついているのは『歩いても歩いても』で蝶を追うシーン。あのふっと大切な時代に還ったような、頑是ない子どものような、故人に対する思いがありありと見てとれるあの演技。あれ凄かったな……。 pic.twitter.com/QgBSjEEOkY

mixi.at/aeNZwpY 朝から樹木希林さん追悼で賑わしいテレビで歩いても歩いてもが全く取り上げられないとはメディアは樹木希林のほんとの凄さをわかってない。映画ではこの歩いても歩いてもの樹木希林さんがサイコーである。あくまで個人的な意見だが異論は一切認...

穏やかな物腰から放たれる悪口雑言、リアルのキャラクターともシンクロする「歩いても歩いても」の樹木希林が結局ずーっと一番好きだったな 日本一のブラックユーモアの名手だったからこそ、去り際と聞いても不思議と悲しさはない、穏やかな気持ちだ さようならみんなのばあば

◆『悪人』(2010)

監督:李相日
脚本:吉田修一、李相日
原作:吉田修一
出演:妻夫木聡、深津絵里、岡田将生、 満島ひかり、 樹木希林、柄本明

長崎の外れの小さな漁村に住む祐一(妻夫木)は出会い系サイトを通じて佐賀在住の光代(深津)と出会う。逢瀬を重ねる2人だったが、祐一は世間を騒がせている福岡の女性殺人事件の犯人だった……。

わたしの中で樹木希林さんの印象が強烈に残ってるのが「悪人」。ずっと見てて樹木希林さんだと気付かないレベルで、田舎のおばあちゃん役がうますぎた。"いい意味で"女優に見えなかった。(でもそういう演技は女優だからできる) pic.twitter.com/jvcRAYWauM

これまでにも何度かツイートしたけど、李監督の映画『悪人』での樹木希林さんの(妻夫木聡演じる主人公の祖母役)演技に心が震えて泣いた。あれは樹木さんでなくては出せないものだったんではないかな。この人の中にある優しさが滲み出た作品だったように思う。#樹木希林 #悪人 #李相日

樹木希林さんで思い出すのが高校生の時か。人生で初めての一人映画が「悪人」だったんだよね。そこで樹木希林さんの演技に圧倒されてめっちゃ号泣したんですよ。隣のオバハン達がポップコーン床にひっくり返すわでうるさかったけど。

◆『奇跡』(2011)

1 2 3