1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

所ジョージにみのもんたも…話題になる芸能人の「終活」事情

人生の終わりのための活動となる「終活」。最近、その「終活」で話題になる芸能人が相次いでいます。所ジョージさんやみのもんたさん、中尾彬さんと池波志乃さん夫婦など、「終活」で注目された芸能人をまとめました。

更新日: 2018年09月18日

11 お気に入り 28016 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

monet333さん

・人生の終わりのための活動となる「終活」

「人生の終わりをよりよく締めくくるための準備をし、より良く自分らしく生きていくための活動」のことを指す終活

「人生の終わりのための活動」の略。人間が自らの死を意識して、人生の最期を迎えるに当たって執る様々な準備や、そこに向けた人生の総括を意味する言葉

「終活」という言葉は2009年、葬儀相談員の市川愛さんが週刊誌の連載記事で初めて世に出した言葉とされています。以後、終活にまつわる本が出版され、メディアに取り上げられる機会も増加した

・最近、芸能人のそうした「終活」がいろいろと話題になっている

▼所ジョージさん

9月5日に、実母が90歳で急逝したとして、終活をしているという話が出てきているタレントの所ジョージ(63)

彼は常々、“60歳隠居説”も唱えていました。趣味の域を越えたバイクや車好きは有名ですが、3年前『もうむやみに買って増やすのはやめようかな』と、車やバイク20台を手放そうとしたことがあった

実際、所夫妻は“終活”の第一歩をすでに踏み出していた。「じつは昨秋、所属事務所社長でもあった妻の文子さんが、代表取締役を突然、長女に譲ったんです。自らは取締役に退きました。所さんは引き続き取締役を務めていますが、将来の“万が一”に備え、家族会議で決めたそうです。3年前、事務所名義で買った世田谷区内の3億円の豪邸も今年2月に長女の所有になりました」(知人)

一時期芸能界引退の話も出ていた所。いろいろと家族との距離を見ながら終活をしているのか

明石家さんまさん、タモリさん、所ジョージさん、北野武さんが芸能活動を引退したらTVものすごくつまらなくなるんだろうな・・・。

てまわしのいいことで。所さんは、どういう霊柩車にしたいの?改造したヤツ? / 3億円の豪邸を長女の所有に 所ジョージ夫妻が踏み出した「終活」 #ldnews news.livedoor.com/article/detail…

▼みのもんたさん

タレントのみのもんた(74)。最愛の奥様とのお別れを経て、残された家族のことを考え、自身の持ち物を整理したり、葬儀についての考えも伝えているそう。終活に取り組み始めて5年になるという

2018年9月のインタビューでは「2012年に亡くなった女房は生前から、終活を進めていたようです。だからある程度、片付いてはいたんだけれど、僕の代で処分しなくてはならないモノがまだある。自分もそういう年齢になったんだなぁと思っています。僕がいろいろモノを残して死ぬと子や孫の間でもめ事が起こる可能性がある」とコメント

「葬式は、やりません。僕が死んだら、お坊さんにお経を読んでもらってすぐ焼いてもらう。親族だけの密葬です。告別式はやりません」

さらに「来年、75歳という年齢を迎えるにあたり、僕は家業であるニッコク(水道メーターの製造販売)の社長を退任します。事業継承というのは、規模の小さな会社であるほど揉めるものなんです。だからこそ、そうしたことが起こらないようにしたいんです」としている

よくみてた芸能人がおじいさん、おばあさんになる。 こわいようなさみしいような。 自分だって歳取ってるということ 社長退任へ みのもんたの終活 news.yahoo.co.jp/pickup/6297206 #Yahooニュースアプリ

みのもんたさん、社員数145名の水道メーター製造販売『ニッコク』の社長なんですよね。長男と次男が社内にいるけど彼らが60歳になるまで社長はやらせないと。事業継承に悩む1人の中小企業の社長さんですね みのもんたの終活 焼却炉購入、社長退任、葬式やらない宣言 headlines.yahoo.co.jp/article?a=2018…

▼中尾彬さんと池波志乃さん

芸能界のおしどり夫婦としておなじみの2人。1978年に結婚するも、今から12年前に池波、翌年に中尾と相次いで大病を患うという“夫婦の危機”を乗り越え、今年、ようやく結婚40周年を迎えた

事前に行われた囲み取材では、池波が同書で語っている“終活”について「断捨離とは全然違う。自分の大事なものはとっておいたほうがいい」と説明すると、中尾はトレードマークともいえるねじねじのストールを触りながら「でも俺捨てられたよ、これ200本くらい」とコメント

また中尾は「最初に用意したのは遺言。次が墓。それから、徐々にモノを減らしていった。千葉にあったアトリエも、沖縄のマンションも手放しました。年を取ると体力も衰えるし嗜好も変わる。すると、不必要なものもたくさん出てくる。私の終活は、年齢相応に生活を見直して、これから新たに生き、過ごしていくための作業だと思う」としている

終活というか、持ち物を自分の稼ぎや健康に合わせてアジャストするって事なんでしょうね。 中尾彬が語る終活「アトリエ・マンション・ねじねじも処分」(NEWS ポストセブン) - Yahoo!ニュース headlines.yahoo.co.jp/article?a=2018… @YahooNewsTopics

読んでみると納得できてしまった・・・ すぐではないと思ってるけど共感できる・・・ 俺もそういう年になったんだなってしみじみ思っちゃった 死ぬ準備でない 中尾彬の終活 | 2018/9/15(土) - Yahoo!ニュース news.yahoo.co.jp/pickup/6297017 @YahooNewsTopics

1 2 3