1. まとめトップ

【2019年最新版】クラウドファンディングまとめ その2【資金調達】

資金調達のためにクラウドファンディングをしたいけれど、どのサイトを選ぶか迷っている方へ。こちらでは、融資型と投資型をご紹介いたします!随時、更新予定。

更新日: 2019年01月14日

1 お気に入り 1198 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

sai_waiさん

|クラウドファンディングとは?

ある目的、志などのため不特定多数の人から資金を集める行為、またそのためのネットサービスのこと。

大衆(crowd)と財政的支援(funding)を組み合わせた造語であり、ソーシャルファンディングとも呼ばれる。

|クラウドファンディングの種類

クラウドファンディングは、大きく分けて投資タイプと非投資タイプの2種から成り立ちます。

両者はリターン(クラウドファンディングに参加したことによる見返り)がお金であるか否かで分類されます。

投資タイプはお金でのリターンが確約されていますが、非投資タイプは、お金でのリターンは保証されておらず、商品やサービスなどによるリターンが一般的です。

非投資タイプにおける2分類

■購入型とは

購入型クラウドファンディングは、リターンとしてモノ・サービスが提供されるクラウドファンディングで、資金調達やPR、テストマーケティングといった形で個人・法人問わず数多くのプロジェクトが立ち上がっています。

■寄付型とは

寄付型クラウドファンディングとは、あるプロジェクトに対して支援者がお金を寄付をする仕組みのクラウドファンディングで、リターンとして商品やサービスは基本的に発生しません。
プロジェクトによっては、お礼として手紙や写真を受け取れる場合があります。

投資タイプにおける3分類

■融資型とは

様々な種類のあるクラウドファンディングの中でも最も注目されていると言っても過言ではないクラウドファンディング、それが融資型(貸付型)タイプ。

別名、ソーシャルレンディングとも呼ばれています。

■ファンド投資型とは

ファンド型クラウドファンディング とは、特定の事業に対して 出資者 を募る仕組み。 出資者 はあらかじめ定められたスキームに従い、売上等の成果に応じた配当を リターン として受け取る。

プロジェクト 実施期間中に商品や生産物、サービスを受取ることのできる プロジェクト もある。

■株式投資型とは

日本ではまだ始まったばかりの株式投資型クラウドファンディング。購入型や融資型(ソーシャルレンディング)とは違い、非上場企業の株式を取得できることが大きな特徴です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------

こちらでは、融資型と投資型クラウドファンディングをご紹介いたします。

・投資型(ファンド)

・投資型(株式)

---------------------------------------------------------------------------------------------------

■融資型クラウドファンディングサイト

オーナーズブック

オーナーズブックは、ロードスターキャピタル株式会社の提供する不動産への完全特化型のソーシャルレンディング事業です。サービス提供主が不動産事業の会社なので、不動産に関する豊富な知識と経験を活かした資産形成のサポートが得られます。

その上最低1万円からの業界最小投資額に、オンライン化による最小限に抑えられた手数料と、一般的な不動産投資よりもリスクが遥かに少ない設定となっております。そして、オーナーズブック会員専用のSNSを通じたコミュニケーション機能により投資家同士での情報交換を可能とし、不動産事業への投資をより楽しむ事が出来るでしょう。

クラウドクレジット

クラウドクレジットは、ソーシャルレンディング会社の中でも、利回りの高い案件が多い事で有名なサービスとなります。クラウドクレジットが抱える様々な投資案件毎で、利回りの設定が有りますので、クラウドクレジットを利用する際は、投資案件を是非、比較し、ご自身が投資する案件を探してみましょう。

クラウドクレジットは、海外の投資ファンドを取り扱う会社で、海外企業への投資を楽しむ事が出来ます。国内のソーシャルレンディングサービスの中でも、珍しい投資案件を探すなら、クラウドクレジットがおすすめです。

maneo

1 2 3