1. まとめトップ

新シーズンのNBAの注目はLAのキングになったレブロン・ジェームズ!!!

ロサンゼルス・レイカーズのエースになったレブロン・ジェームズに注目!!

更新日: 2018年09月27日

2 お気に入り 1783 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

s.n.24さん

名門復活へ大物補強

国籍:アメリカ
所属:ロサンゼルす・レイカーズ
NBA最強プレーヤー

今夏、プレーヤーオプションを破棄して制限なしフリーエージェント(FA)となったレブロン・ジェームズが、ロサンゼルス・レイカーズへの移籍を決断。

 レイカーズのバスケットボール運営部門代表を務めるアービン“マジック”ジョンソン(元レイカーズ)が熱心にレブロンを説得し、見事に口説き落とすことに成功したと言っていいだろう。

レブロンは「(レイカーズ入りは)私にとって、まるで夢が実現したかのような気分です」と口にすると、さらにこう続けている。

 「レイカーズという歴史的なフランチャイズに加わることができました。私は今、マジックをはじめとする、幼い頃に憧れていた偉大な方たちとパートナーになっています。これまでやってきたことが実を結ぶことになりました。タイミングこそがすべてなのだと私は思います」。

大型契約

(CNN) 米プロバスケットボール(NBA)のスーパースター、レブロン・ジェームズがロサンゼルス・レイカーズと総額1億5400万ドル(約171億円)の4年契約を結ぶことで合意した。ジェームズのエージェント会社が1日夜に明らかにした。

4年間で何回優勝できるのか注目!!

レブロンがレイカーズを選んだ理由

背番号23

背番号を重要視するレブロンは、レイカーズでも同じ番号を選択する前に、最後に2シーズン以上パープル&ゴールドの23番を背負い続けた選手と連絡を取り、継承する許可を取った。その選手とは、セドリック・セバロス。よほどコアなレイカーズファンでないと聞き覚えがない選手かもしれないが、1992年のスラムダンク・コンテストで優勝した選手(当時はサンズ所属)で、『ショータイム』時代が終焉し、シャキール・オニール&コービー・ブライアントのデュオがリーグを席巻するようになるまでの1994年から97年の間、レイカーズの中心選手としてプレーオフ進出に貢献した選手だ。

スーパースターだが礼儀正しい

レイカーズ以外のチームへの移籍も考えた

『ESPN』とのインタビューに応じたレブロンは、セブンティシクサーズ、ロケッツへの移籍も検討し、悩んだことを明かしている。

「ベン(シモンズ)と(ジョエル)エンビードと一緒にプレーすること、(ジェームズ)ハーデンとクリス(ポール)と一緒にプレーする可能性も十分に考えた。ただ、自分の今のキャリアを考えた時、ベストな決断はこういうことだと思ったんだ。僕がマイアミ(ヒート)に移籍した時、周りは『彼はスーパーチームに加わるんだ』という風に見たと思う。その前年、ヒートは35勝47敗だった。レイカーズの昨シーズンの戦績を見てもらいたい。僕は挑戦が好きなんだ。チームをしばらく到達していない場所に導きたい」

常勝チームにするためにベテランを補強

ロサンゼルス・レイカーズもロケッツのフィジカルなディフェンスを参考に、今夏は多くのフリーエージェント(FA)を獲得。現役最強プレーヤーと称されるレブロン・ジェームズをはじめ、ラジョン・ロンド、ランス・スティーブンソン、ジャベール・マギー、マイケル・ビーズリーといった、実績のあるベテランを獲得している。

レブロンを中心に若手とベテランの融合を目指す

実績抜群のスーパースター

NBAの神様を超えたレブロン・ジェームズは生ける伝説

NBAの最優秀選手(MVP)に4度選ばれているジェームズは、2003年のデビュー以降、クリーブランド・キャバリアーズとマイアミ・ヒートでプレー。現在のNBAで最高の選手との呼び声が高く、契約しているスポンサーも枚挙にいとまがない。

キャバリアーズでキャリアをスタートさせたが、初めてNBAのタイトルを獲得したのはヒートに所属していた12年だった。

その後キャバリアーズに復帰すると、16年のNBAファイナルではMVPに選ばれる活躍でチームをチャンピオンに導く。クリーブランドに主要なスポーツのタイトルがもたらされたのは、1964年以来52年ぶりのことだった。

昨年はマイケル・ジョーダンが保持していたNBAプレーオフでの歴代最多得点記録を20年ぶりに更新した。

ウォリアーズをリスペクト

レイカーズ加入後、「今季を再建のシーズンにあてるつもりはない」と語ったレブロン。メディアデイでも2連覇中のゴールデンステート・ウォリアーズを下してチャンピオンシップを勝ち取ることを念頭に置いたうえで、現状のレイカーズについて話している。

「彼ら(ウォリアーズ)は正しいことだけを取り入れて、トレーニングキャンプを始めることができる。でもこのチームは何もないところから積み上げていかなきゃならない。だからまだまだやるべきことがたくさんある。その点、ウォリアーズ(の主力選手たち)はここ数年、一緒にプレーしてきている」。

レブロン流ファッション

ファン

今思ったけど、レイカーズのオールスターやばくね? マジックジョンソン、コービー、レブロン、シャック、100点野郎とか強すぎ twitter.com/in_nba/status/…

ヒートには今シーズンチャンピオンになってほしい レブロン抜けてもキャブスは強いと思うし、セルティックス、ラプターズ等々強い所は強いけど良い形で引退してほしい 欲を言えばファイナルをレイカーズとやってレブロンと直接やり合って欲しい twitter.com/kei_nba_love/s…

NBAだけど、レブロンってレイカーズに移籍したんだー。 噂通りって凄い。

レイカーズ、ロンドとレブロンがいるだけでもうかなり気になるチームだな

1 2