1. まとめトップ

【新卒で内定をとる必勝法】制作物と実績を作りにエンジニアインターンに行こう!

新卒でエンジニアとしての内定を確実に取るためには、制作物や実績が必要不可欠です。エンジニアインターンであれば、そういった制作物や実績が作れる上、「この人は本当にエンジニアになりたいんだ」という意欲を行動で伝えることができます。

更新日: 2018年09月18日

1 お気に入り 3300 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

yousuke1989さん

エンジニアインターンって何?どんなことができるの?

エンジニアのインターンとは、企業の中へ実際に入り働きながらエンジニアスキルを身に着けていくというものです。いわゆる「職業体験」というものなのですが、インターンはアルバイトで入社するのとは違い、本採用を目的としていることが本質的な違いとなります。また、インターンは収入が出ますが本採用だけでなくスキルアップを目指すことも目的の一つにはいっており、企業に働く一人として、自分が考えて動くことも多くなります。こうしたことはアルバイトとの違いにつながるでしょう。

エンジニアのインターンではプログラミング言語を用いて既存サービスの運用・改善、新規サービスの企画・設計・実装が主な業務となります。インターンと一口に言っても、企業によって扱うプログラミング言語の種類やエンジニアとして求めるスキルが異なっています。

新卒で内定を取りたいならエンジニアインターンが有利!

必須ではありませんが、確実に新卒でエンジニアの内定をとるためには、制作実績やエンジニアのインターン経験があると非常に有利に就職活動をすすめていくことができます。

絶対に新卒でエンジニアになりたいという人にとってはインターンは必須と言っても良いでしょう!

一番上に移動上に移動下に移動一番下に移動移動 修正|削除
エンジニアの就活では自分で作ったプログラミングの成果物も大事ですが、アルバイトやインターンの経験の方がかなり重視される感じがあります。

2017年卒の内定者の方々にインタビューをした際も、「就活でやっておけばよかったこと」として、「インターンにもっと参加しておけばよかった」と答えた方が何人もいました。悔いのない就活を進めるために、参加できるのであれば積極的に検討してほしいと思います。

エンジニアのインターンのメリットとは!?

◆メリット1:技術力を身につけることができる

インターン先の企業は様々あります。企業によって行っている事業や規模などが異なりますが、エンジニアのインターンを経験することでサービスに関われる程の技術を習得できます。インターン先では実際に使用される技術を直接見て学ぶことが可能です。基礎からしっかり学べるので、スキルアップも大きなものを期待できます。

◆メリット2:経験のあるエンジニアに教えてもらえる

短期のエンジニアインターンだとメンターとなる社員エンジニアがついてくれて、技術について手取り足取り教えてくれます。

長期のインターンだとそこまで教えてくれることはありませんが、質問すれば答えてくれます。
自分で考えた上でわからなかったことを質問できるので、自分の成長にかなり繋がるんですよね。

◆メリット3:インターンを通じて、業界や職種について知ることができる

まずは何といっても、仕事や会社について、体験をもとに理解できるというのが一番のメリットです。

百聞は一見に如かずと言いますが、どんなにインターネットや説明会、OB訪問などで情報収集をしても、自分で経験してみないとわからない実情はたくさんあります。

短期のインターンではわかりにくいかもしれませんが、長期就労型インターンの場合は、仕事がどんなふうに進められていくのか、社員にどんな人がいるのかなど、現場の実態を知ることができます。目指している業界や職種が自分にあっているのか、応募する前に知ることができるのは大きなメリットです。

◆メリット4:希少価値の高いスキルなので就職が有利になる

優秀な候補者であれば、企業側もライバル社があらわれる前に確保したいものです。自分が働きたい企業のインターンであれば、経験により早い段階で内定が獲得できるチャンスもあります。また、狙っている企業でなくても、インターンでの実務経験が評価され、就職活動でも有利になる可能性が高いでしょう。

◆メリット5:給料がもらえる

やっぱお金もらえるのは単純に嬉しいですよね。

責任感も出て頑張って働くこともできています。

あと自分が特にしたくもないバイトをするくらいなら、インターンに行って経験積んだ方がよっぽど有意義ですよね。

社会経験 + 金 = インターン

みたいなイメージ

◆メリット6:チームでの開発を経験できる

エンジニアインターン行くと、プログラミング以外のエンジニアにとって重要なスキルを身につけることができます。
チーム開発においてはプログラミングスキル以外にも

・要件を上司に効率よく聞く能力
・わからない時に周りとうまく協力する方法

などを身につけることができます。
これができなかったら働き始めてから結構悲惨かな〜と思うので、社会人として働き始める前に体験することができてよかったなと思います。

◆メリット7:制作実績が作れてしまう!

新卒のエンジニアにとって、制作実績を持つということは就職活動を有利に働かせることにつながります。しかし、自分自身で制作実績を作るというのはなかなか難しいものです。その点インターンであれば、行くだけで制作実績が作れてしまうので、インターンに行くと制作実績もできて一石二鳥です。非常に有利に就職活動をすすめることができます。

エンジニアインターン先の探し方

インターネットでエンジニアインターンを募集している探して、応募し、選考に通ると、晴れてエンジニアインターンに行くことができます。

エンジニアインターン募集サイトから応募しよう!

1 2