充分に精度の高い感覚と大量の情報伝達力を備えた装置によって、誰もが、どこでも「実際にいる」ような感覚を体験できるようになる

出典2020年、世界はこうなる|WIRED.jp

これが書かれたのは2000年。いまでは仮想現実と現実が混同する危険性が指摘されるまでに技術が進歩。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

すげー!2000年代の「未来予想図」が的中しまくってる

2000年代に書かれたネット記事を読んでみると、現在の世の中を予想しているものが多くあることに気づきます。社会の流れや科学技術の発展などへの予想が数多くされており、中には的中していることや、現実が予想を上回っていることも。

このまとめを見る