1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

mario2000さん

宅建

宅建や宅建士は「宅地建物取引士」の略称で、毎年20万人前後の受験者数を誇る最大規模の国家資格です。 宅建とは、不動産取引の専門家(宅建士)を示す資格です。 宅建士になるための試験を宅建試験といいます。

宅建の合格率は平均で約15%ですから、気合いを入れて知識を身につけておきたいものです。

そこで今回は

おすすめの宅建対策アプリをご紹介します。

▼オンスク.JPアプリ

累計20万ダウンロードを達成したオンスクJP学習アプリの統合版が登場!
全ての資格講座の学習が、このアプリ一つでできます!

安心の月額制で使った分だけ支払うシステムで、講師の授業をいつでも動画で視聴できます。

資格の勉強だけで終わらないのがオンスク流。
例えば「記憶術」や「速読法」など、知っておくと勉強にも役立つ情報も満載。
また、資格や勉強に関するコラムも随時更新してお届けしています。
孤独になりがちな試験勉強も、オンスク.JPアプリがあれば大丈夫!皆さんをしっかりとサポートします。

▼宅建用語集

収録語数564語
 宅地建物取引業法「70語」,権利関係「263語」,法令上の制限他「231語」を収録。
 宅地建物取引業法「70語」は無料でご利用頂けます。

苦手な分野をしおりでチェックして区分しておけば、重点的に学習できます。過去問も多数収録で、解説にはイラスト付きでわかりやすいですね。

様々な科目に対応していて、宅建試験に必要な用語を一覧で確認出来るようになっています。検索機能が用意されているので、特定のワードも素早くピックアップする事が可能です。

▼日建学院 宅建士過去問 2018年度版

累計合格者10万人超を輩出する信頼の日建学院が贈る宅建士向け問題集「宅建士一発合格!」シリーズの「どこでもチャレンジ宅建士 重要肢攻略」と「宅建士どこでも過去問①〜③」の4冊をまるごとアプリ化!! 豊富な機能で使いやすさで多くのユーザー様に好評のdpsW(特許出願中)だから、スマートフォンの小さな画面でもストレスなく効果的に学習できます。

日建学院の講師による学習アシスト機能付きで、難易度が極めて高い宅建の合格に向けてアドバイスしてくれます。

4色からマーカーの色を選んで重要な部分に自由にマーカーでラインを入れることができます。また、3色から文字の色を選んで文字色を変更できるので、教科書に書き込むように学習することが可能です。

▼宅建 過去問集 2018年版「スタケン問題編」

「不動産会社」と「スクール」で共同開発された、様々な便利機能を搭載したアプリ。
ただ問題を解くだけじゃない、学習のモチベーションを維持する仕掛けがたくさんあります。
受験者目線で開発された「宅建アプリ」の使い勝手をぜひ一度体感してください。

出題形式は○×で二者選択方式、もちろん丁寧な解説付きです。宅建の基礎知識を学んだ後にじっくりと取り組みたいですね。

過去問演習で大切なのは、きちんと問題の趣旨を理解したうえで答えを導き出すこと。不動産取引法務のスペシャリスト、Kenビジネススクール代表の田中先生ならではの丁寧な解説で理解度を高めます。

1 2