1. まとめトップ

季節の乾燥とともにのども乾燥する!今からすぐできる対策を紹介

乾燥した季節だけではなくて、一日中ずっとエアコンが聞いた部屋にいる人、喉が乾燥しやすくなりますよね。喉が乾燥していたくなる前に対策をしましょう!

更新日: 2018年09月20日

1 お気に入り 622 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

喉が乾燥する症状とは

喉の奥が乾燥して違和感を感じる症状とは
・イガイガする感じがする
・異物感がある
・咳が出る
・痰がからむ
・口臭
・痛みが現れる
・熱なども感じる

外気が乾燥するとのども乾燥する

寒い季節は、外から帰ったら、細菌やウイルスから身を守るために手洗い・うがいを心がける方も多いでしょう。しかし、この季節は乾燥した空気も油断できません。乾燥した空気は、喉の粘膜を乾燥させ、細菌やウイルスなどが混入しやすい身体の環境をつくってしまいます。

空気が乾燥していたり、十分な水分が取れていないと、鼻や喉が乾燥してしまいます。鼻や喉が乾燥してしまうと、イガイガしたり、痛みがあったり、咳や痰が絡む原因となってしまいます。

ストレスなど自律神経の乱れが喉の乾燥の原因

ストレスによって自律神経のバランスが乱れると、腸内環境が乱れるとよくいわれています。胃腸も粘膜なら、鼻やのども粘膜です。花粉症などのアレルギー症状が出やすい人は、鼻粘膜からの分泌量低下、粘稠性の異常がおこり、自律神経のバランスが悪くなっていると症状も重症化する可能性があります。

口呼吸による喉が乾燥する

鼻で呼吸することで、冷たく乾燥した外気が加温・加湿されるとともに、異物が気管支や肺に直接取り込まれることも避けられるわけです。
ところが口呼吸では、外気がそのまま取り込まれるため、口の中や気道が乾燥し、のどに炎症や痛みが起こったり、のどの両脇にある扁桃腺(口蓋扁桃)の腫れなどが起きやすくなります。

喉の乾燥を防ぐ!

水分をとる

こまめな水分補給も、喉の乾燥対策に効果的です。冷たい水を飲みすぎるとお腹が冷えてしまうので、常温やぬるめの水を飲むようにしましょう。

うがいする

うがいは、ほこりや細菌・ウィルスなどを洗い流し、のど
や口腔内の粘膜に付着するのを防ぎます。水だけでなくお
茶や食塩水でも効果的。食塩水はコップ 1 杯の水(約
150-180ml)に、小さじ 1/3 程度の食塩(約1.5g)をい
れて作ります。うがいはブクブクうがい(口内)とガラガラ
うがい(のど)の両方行いましょう。

マスクをする

冷たい外気や乾燥した空気を吸い込むと鼻やのどの粘膜が乾燥し、体の防御機能が低下して感染を起こしやすくなります。そこで、乾燥対策としてマスクが有効です。

部屋を加湿する

喉が乾燥する原因は、部屋の湿度が低い可能性があります。雨が多い時期は湿度が高くなりますが、窓を開けて外気を取り込むと喉の乾燥が防げることも。夏と冬はエアコンを使うため、室内の乾燥が懸念されます。部屋の温度が快適でも湿度が低い場合は、加湿器を使って湿度の調整をすると快適に過ごせるでしょう。

1