1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

pikoraさん

待望のiOS12が公開

2018年9月、ついにiOS12が公開されました

あなたが使っているデバイスがiPhoneでもiPadでも、あらゆる体験が一段と速く一段と反応が良いものになるように、iOSは強化されました。カメラの起動やキーボードでの入力など、いつもすることがこれまで以上に速くなります。デバイス上で同時に多くのことをする時のために、さらに大きな改良も加えられています。こうした進化の数々が、iPhone 5sやiPad Airといった旧モデルに至るまで、対応するすべてのデバイスのパフォーマンスを向上させます。

iOS12は古い端末のパフォーマンスを上げるということで、かなり注目されています。

インストールした人から快適になったという報告が続々

iPhone6 ios12にしたけど 想像以上にサクサクしてるからアプデおすすめするわ

iOS12にアップデートしたら以前よりスムーズに動くようになった。新機種は大きいしカメラぐらいしか魅力なかったので、バッテリー交換でまだ使えそうiPhone6

iOS12、iPhone6でもサクサク動く!バッテリーの減りも気になるほどじゃないし、これはいい。ちなみに #IIJmio もちゃんとつながってるよ。

iPhone5sにiOS12を入れたら動作が速くなった。これは良いアップデート!

スマホゲームも快適に!

ローディング中のTipsが表示されるタイミングは明らかにiOS 12のほうが速いですね。

その後の動作もiOS 12のほうが軽く、なんと「お知らせ」表示までの時間は約16秒も短縮! 複数回検証しても同じような挙動となりました。

iOS 11以前だとカクカクしてしまい、たまに落ちることもある宝具演出。iOS 12ではバトル開始までのスピードも速く、宝具が始動するタイミングもテンポアップしています。

この後もiOS 12で何度かプレイしてみましたが、以前は演出が一瞬止まっていたような場面でも、スムーズに動作しているように感じました。

これなら、もうしばらくはiPhone 6でも戦えそうな気がします。

実際プレイしてみると、これまでのものよりかなりヌルヌル動きます。これまでは投げるところや打つところで突然カクカクすることがあって狙えない時もあったんですけど、この調子が続いてくれるのであればかなり快適ですね!

iOSアップデートにはバックアップを!

本来は、更新前にはiPhoneのバックアップをしたほうがいいです。更新トラブルがあったとき、バックアップがないと強制初期化になってしまいますからね。

とはいえ、自分の場合は写真や連絡先、ゲームのデータも全部クラウド上のものですし、まぁいいかなと思ってバックアップは割愛しています。

みなさんは、不安な人は必ずやっておきましょうね。

ワイヤレスアップデートの場合、iOSのアップデートに失敗する場合があります。失敗の原因となるのは、端末の空き容量が不足、アップデートサーバーの混雑などの理由が考えられます。

Wi-Fi環境が安定していないと、ファイルのダウンロードに時間がかかったり、アップデートサーバーにつながらなかったり、その結果アップデートが終わらなかったりと問題が起きやすく、最悪の場合はデータが消えてしまう可能性があります。

アップデートファイルのダウンロードにかかる時間は、インターネット接続に利用している回線の速度により異なります。ダウンロード速度を上げるには、携帯キャリアの契約回線であるモバイルデータ通信ではなくWi-Fi接続を利用することや、ほかにダウンロード中のデータがある場合はダウンロードを控えることなどが対処方法となります。

かかる時間にも注意は必要です。

快適すぎて、機種変いらず?

あれ、めっちゃ軽いiOS12。これは機種変せず行けそうだ。軽いかるーい!

当方6sだけど、iOS12に更新してまるで機種変したかの如くである。何もかもが早い

iOS12にしたらだいぶサクサクになった。やっぱりまだしばらく機種変はいいや。

ios12にiPad、SE両方したらやたらと軽くてサクサクになって機種変の意欲が引いていったw

新しいiPhoneを発表したところで機種変更しようとしていた人たちも、このiOS12の快適さに悩みだしたようです。

Appleの取り組みとして、製品の部品にリサイクル材料(または再生可能材料)を使うこと、端末を長持ちさせること、端末をリサイクルすることが挙げられています。今日発表されたばかりのiPhone XSのメインロジックボードにはリサイクルすずが、スピーカーには35%再生プラスチックが使われています。中でも注目すべきは、1つの端末を長く使い続けることは地球にやさしいことという考え方。iOS 12は、iPhone 5sから最新のiPhone XSまで(iPadはmini 2以降)幅広い端末に対応しています。

現地で取材したのだが、驚いたのは、CEOのティム・クックが語った、『地球環境のために長く使って欲しい』というメッセージだ。

普通、ビジネスを考えると、早く買い替えて欲しいものだが、Appleからのメッセージは地球環境を考慮し、長く使える製品を作りたいというものだった。

実はAppleは今年4月に、全世界の全社が再生可能エネルギーで活動できるようになったことを発表した。新社屋のApple Parkも屋根の多くにソーラーパネルを載せ、空気の流れを上手く利用して室内の温度をコントロールするようになっている。

Appleは地球環境保全への取り組みも万全で、一つの機種を永く使ってもらいたいとコメントしています。

1 2