1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

過去最多の倒産件数…「学習塾」の崩壊が止まらない理由とは

学習塾の倒産件数が過去最多となっています。その理由とは何なのでしょうか?

更新日: 2018年09月19日

24 お気に入り 69642 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

信頼のおける情報を元に作成しています。

■学習塾

学習塾(がくしゅうじゅく)とは、私的に子供を集めて、学校教育の補足や進学準備教育を行う施設である。

学校外で教科の補習や進学準備の学習指導を行う、私設の教育施設。塾。

学習塾には大まかに分けて、進学塾(受験指導をする塾)、総合塾(受験指導に加えて、学校のフォローを行うクラスも開設している塾)、補習塾(学校のフォローを行う塾)があります。

■この学習塾の倒産が増加している

帝国データバンクは2018年9月10日、特別企画「教育関連業者の倒産動向調査(2018年1~8月)」を公表した。2018年1~8月の倒産件数は、前年同時期を上回る65件

東進ハイスクールや四谷大塚など、学習塾や予備校を運営するナガセ(東京都武蔵野市)は、系列大学受験予備校『早稲田塾』の約半数の11校舎を8月末で閉鎖する

去年(2017年)の発表です。

■過去最高の倒産件数になる見込み

過去最多のペースで推移しており、業種別では各種スクール・家庭教師と学習塾が過去最多となる見込みだという。

18年は8月末時点で65件。前年1~8月期の57件を超えた。このペースで進むと、過去最多の100件前後になりそうだ。

子どもの数が限られている以上、右肩上がりの拡大は難しいというのは想像しやすい

■このニュースはネットでも話題に

少子化のせいにされがちだけど、実際には子育て世代の実質所得の低下がクリティカルな要因でしょうね。 学習塾の倒産増加 小規模事業者はリーマンショック級の厳しさに #ldnews news.livedoor.com/article/detail…

子供の数しか収入源がないからね>学習塾「弱肉強食」の時代 倒産件数、過去最多の見通し gunosy.com/articles/RXv27

厳しくなるのは自明だったけど、センターがなくなるのと、大学の価値見直しもあるよね。 学習塾の倒産増加 小規模事業者はリーマンショック級の厳しさに #ldnews news.livedoor.com/article/detail…

小規模事業者は生き残れない、少子化の影響もあるけど、学習(歴)神話はもはや崩れてるし・・・学び方も多様化している。 学習塾「弱肉強食」の時代 倒産件数、過去最多の見通し netallica.yahoo.co.jp/news/20180919-… #ネタりか

こんなの、目に見えてたこと。せこせこ会社員しながら家庭教師してた方がまだマシ 学習塾の倒産増加 小規模事業者はリーマンショック級の厳しさに #ldnews news.livedoor.com/article/detail…

■弱肉強食が顕著になっているという

「1億円以上」(学校法人や大手進学塾を含む)は、2015年以降は倒産が発生しておらず、小規模業者の倒産が顕著となった。

小規模企業倒産は増加する一方で、規模のメリットを生かせる大手企業は比較的安定した業容を確保している

少子化や大手との競合を要因とする負債5000万円未満の小規模業者の倒産が目立っている。

■倒産の原因となっているのが「少子高齢化」だ

1 2