1. まとめトップ

育毛剤では髪は生えない!本当に薄毛対策したい時にはどうすればいい!?

薄毛対策として「育毛剤」を使っている人は多いと思いますが、育毛剤はあくまで育毛であり、発毛ではありません。そのため産毛は生えてくるけれど・・・と悩んでいる方多いのでは?実は本当に薄毛対策をしたいなら育毛剤じゃだめなんです!ここでは本当の薄毛対策方法についてまとめました!

更新日: 2018年09月19日

0 お気に入り 213 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

akira100さん

育毛剤の罠!育毛剤じゃ髪は生えない!

育毛剤って効果あるやつあるのかね。 どれも何も効果ないんじゃない?

髪の毛薄くなって来たので、今年初めから育毛剤使ってるけど、あんまし効果ないような…

「育毛剤が効かない…」

「育毛剤って本当に効果があるの…?」

育毛剤で薄毛対策をしているのに、効果がないと悩んでいる方は少なくないようです。

育毛剤は「育毛」する薬であって、発毛に効果はない!

実は市販の商品には「育毛剤」と「発毛剤」の2種類があります。

発毛剤には発毛効果が認められています。
髪の毛を生成する細胞に直接働きかけ、新しい毛を生やすことが期待可能です。

一方、育毛剤の効果はあくまで発毛"促進"効果。
頭皮環境を整えたり、血行を促進することで、新しい毛が生えてきやすい土壌作り程度なら期待可能というわけです。

日本皮膚科学会は「男性型脱毛症診療ガイドライン(2010年版)」において、AGAに対する効果が謳われている治療法について検証を行った結果、次のように明確な使用推奨度のランク付けをしています。

・ランクA(行うよう強く勧められる)……フィナステリド、ミノキシジル
・ランクB(行うよう勧められる)……自毛植毛
・ランクC1(行うことを考慮しても良いが十分な根拠がない)……塩化カルプロニウム、t-フラバノン、アデノシン、サイトプリン、ペンタデカン、ケトコナゾール
・ランクC2(根拠がないので勧められない)……セファランチン
・ランクD(勧められない)……人工毛植毛

国内で販売されている育毛剤に含まれる成分に該当するのは、ランクC1以下と判定されている塩化カルプロニウム、t-フラバノン、アデノシン、サイトプリン、ペンタデカン、セファランチンの6つです。

つまり・・・国内で販売されている育毛剤は医学会で正式に「十分な根拠がない」として、発毛効果を認められていないのです!

とは言っても、根拠がないだけであり効果を実感している人がいることも事実です。

発毛効果が認められているのは「育毛剤」ではなく「発毛剤!」

リアップは日本で唯一、発毛効果が認められている第1類医薬品の発毛剤で、
ドラッグストアや薬局で購入できる発毛剤で唯一「ミノキシジル」を含んでいます。
薬剤師から説明を受けますが、医師の処方箋なしで購入が可能です。

ミノキシジルは、米国でもともと心臓病などの患者に用いられる血圧降下剤でした。
知っている人もいると思いますが、高血圧や心臓病の患者に血圧を下げることを目的で
使用される医薬品だったのです。

血管を拡張し血流を増進させることで、髪の毛の細胞分裂を促進して髪の成長を速める。 とにかく血流をアップさせることで髪の毛母細胞の分裂スピードを上昇させます。生えるまでに至らない毛根や、弱っていた髪の毛を太く、長く成長させることができます。 壮年性脱毛症における発毛,育毛及び脱毛(抜け毛)の進行予防効果が期待できます。

リアップを頭皮から塗布することで、頭皮の血管が拡張され、頭皮の血行が促進されます。
頭皮の血行を促進することで、頭皮における毛の毛根細胞にスムーズに血液が供給されるのです。

毛根の細胞に血液がスムーズに供給されることで毛根細胞が活性化、元気になるのです。
毛根の細胞が活性化されることで発毛効果が期待できるのです。

しかし、AGA(男性型脱毛症)に効果はあまり期待できない!
まずこれは前提条件なのですが、ミノキシジルだけで生え際の後退を治療することはできません。生え際の後退は「AGA」という脱毛症の症状であり、AGAの治療薬を使わなければ治療できないからです。

薄毛で悩んでいる約9割の人がAGAと言われており、ハゲの種類の中でもっとも多いとされています。

AGAを止めるためには遺伝子か男性ホルモンのどちらかのはたらきを止めなければいけません。

しかしながら、ミノキシジルにはAGAのふたつの原因をどちらも止められないので生え際の後退を止めることができないのです。

薄毛に悩む男性の9割がAGA。

さらにはミノキシジルはAGAを改善することはできなし。

つまり、市販の薬で唯一の発毛効果が認められた「リアップ」であっても発毛効果が出ないことが多いという事がわかります。

※もちろん中には、頭皮の血行がよくなり、発毛を実感できる人もいらっしゃいます。

※育毛シャンプーの発毛効果の有無について

育毛シャンプーは頭皮の環境を整える目的の商品であり、「育毛シャンプーを使ったから髪が生える」という発毛効果は一切ありません。

結論から言うと、育毛シャンプーに育毛効果などはありません。

同様に、育毛のほかにも以下のような効果は認められていません。

・毛が育つ
・毛が生える
・発毛する
・脱毛/抜け毛を防ぐ
・はげ・薄毛の改善

シャンプーに認められている効果とは、簡単に言うと頭皮の汚れを洗浄し、頭皮や毛髪をすこやかに保つこと。

具体的に認められている効果として、以下のようなものがあります。

・頭皮、毛髪を清浄にする
・頭皮、毛髪をすこやかに保つ
・香りにより毛髪、頭皮の不快臭を抑える
・毛髪にはり、こしを与える
・フケ、かゆみを抑える
・頭皮、毛髪のにうるおいを与える・保つ

※育毛サロンの発毛効果の有無について

育毛サロンは、頭皮環境改善には効果的ですが、AGA(男性型脱毛症)を改善する発毛効果は薄いと言えます。

育毛サロンは一言でいうと「頭皮環境の改善」に特化した施術をおこなう施設です。代表的な施術としては頭皮の血行促進や老廃物除去を目的とした頭皮マッサージや頭皮洗浄などが挙げられます。

AGAクリニックと似ている部分もありますが全く別物です。AGAクリニックは男性型脱毛症の治療をおこなう医療機関です。そのため男性型脱毛症以外が原因による薄毛の改善には効果が薄いです。

1 2