1. まとめトップ
8 お気に入り 1091847 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

光月家は、20年前ワノ国を治めていた。当時は光月スキヤキが将軍で、おでんは九里大名だった。現在生きてるのはモモの助、錦えもん、カン十郎、雷ぞう、お菊。彼らはルフィ達と手を組みオロチ・カイドウに挑む

baseraさん

はじめに…

800年前、巨大王国【Dの一族】と同盟を結んでいた。しかし巨大王国は連合軍に敗北。

光月家はDの意思を、ポーネグリフに残す。簡単にいうと光月家は、ルフィ側の味方。

光月家は

光月家は天竜人の支配を否定している。そしてDの一族の勝利を望んでいる。このまま天竜人を放置すれば、残虐な時代が続くだろう。

Dの一族が勝利すれば、権力が腐り、人々は自由になれる。

ちなみに100年前、光月家とミンク族は兄弟の契りを結んだ。そのためミンク族も世界の夜明けを望んでいる。

あと革命軍も天竜人を倒すため戦っている。ドラゴンもDの一族なのだ。

おでん様は空白の100年を

おでんは常に航海日誌に書いている。白ひげの船にいた時も書いていた。

のちにおでんは、ロジャーと共にラフテルに到達する。そしてそこで空白の100年を知ることになる。

800年前、Dと光月は兄弟分だった。おでんにとって重要な歴史なので、日誌に書いたと思う。

ワノ国でおでんの日誌が見つかれば、空白の100年が分かるだろう。ルフィ達はその真実を知り、世界政府に戦いを挑む。

戦いの流れをまとめると
・モモの助と9人男はオロチを倒す

・ルフィ達はビッグマム・カイドウを倒す。または撃退する

・モモの助は礼として、おでん様の日誌を渡す【おでんがラフテルで知った空白の100年】

・空白の100年が明らかに【Dの時代は皆、平等だった。そこには身分や差別など無かった。イムはDを裏切り、権力の時代を作った。つまりこの世界は天竜人によって書き替えられた世界なのだ

・イムはルフィを消すことに【歴史から消す灯】

・政府はサボを人質にする【ルフィ達をマリンフォードにおびき寄せる】

・第2次頂上決戦が始まる

・光月家と革命軍も参戦する【九人男はCP0、海軍と戦う。傳ジローvsカクなど】

・ルフィはサボを救出。赤犬は挑発する。赤犬「ドラゴンは敗北者じゃけ」

・サボはメラメラの力で、赤犬を倒す【サボとエースの炎で焼き尽くす】

・麦わら一味はマリージョアの奥で、麦わら帽子を見つける

・この帽子は巨大王国の思想を示す物だった【権力を否定するもの】

・麦わら帽子は世界中に映し出される

・権力が腐り、天竜人の時代が終わる。ドフラミンゴ「マリージョアの国宝か。バレてもいいだろ。権力は腐るのが早い。」

・人々は天竜人の支配から解放される【革命軍もこのために戦っていた】

おでん様が空白の100年を記した理由

・光月家の使命を果たすため【Dの一族に、空白の100年を伝える】

・トキの予言だと20年後、Dの一族がワノ国を訪れる【モンキー・D・ルフィ】

・おでんは空白の100年をルフィに伝えようとする

・日和に閻魔を託したのは、リューマの子孫に渡すため【その子孫がゾロ】

空白の100年をルフィに、閻魔をゾロに託す

光月家の跡取り

光月家の跡取りで、次期将軍。周囲から期待されていたが、大変なうつけ者だった。

おでんは何度も暴力事件を起こし、ヤクザから睨まれていた。

スキヤキは、面倒を見切れず、おでんを追放。そして康イエの家に何度も出入りする。

おでんは海に出たいと言ったが、康イエは「まずは1人前の侍になってみせろ!」と責した。

そしておでんは家臣たちと出会い、九里のアシュラ童子を討ち取る。

その後、九里を発展させ、スキヤキと復縁した。おでんは九里大名となり、大きな農園を作る。

・若い頃は破天荒だった

・スキヤキから追放される【手に負えないバカ息子】

・山の神を倒す【錦えもん・傳ジローはおでんの部下に】

・スキヤキから追放され、康イエの元に

・おでんはアシュラ童子を討ち取り、九里を発展させる。時々、オロチに金を貸す

・スキヤキはおでんを大名にする

・白ひげの船に乗る【トキと出会う】

・ロジャーの船に乗る【ラフテルに到達。そこで空白の100年を知る】

・ワノ国に戻る【オロチにハメられ処刑】

おでんの家臣

おでんに仕えた侍たち。イゾウが去った後、9人男と呼ばれる。そしておでんと共に開国を目指す。

メンバー
・錦えもん【炎を斬る侍】

・カン十郎【描いたものを実体化できる】

・菊乃丞【イゾウの弟。オロチの目を欺くため女装している】

・雷ぞう【ブサイクだが、忍術の達人】

・河松【海外から来た魚人。相撲が得意】

・傳ジロー【昔は錦えもんの相棒だった】

・アシュラ童子【九里最強の怪物】

・イヌアラシ・ネコマムシ【ゾウのボス。スーロン化できる】

霜月家【光月家を支える一族】

白舞の大名で、光月家を支えている。厳格な性格だが、おでんを気にかけている。

おでんが追放された時、康イエは「スキヤキ様の勘当は愛の鞭にすぎぬ!応えてみせてか」と喝を入れた。

その後、おでんは改心して、九里を発展させる。また錦えもん達が盗みに入った時、盗もうとした金を全部与えた。

錦えもん達はその金で、学問や武芸に励み、立派な侍になった。おでんや9人男にとって、康イエは大恩人である。

20年経つと、かなり変わってしまった。トノ康はおこぼれ町の人々の食料を分け与え、仏と呼ばれている。

のちに錦えもん達の作戦に手を貸す。しかしオロチ軍に捕まり、処刑されてしまう。

おでんの父

ワノ国の将軍で、おでんの父。のちに息子を都から追放する。

追放したのは、おでんを成長させるため。その結果、おでんは将軍の手に負えない九里を、見事にまとめた。

そしておでんとスキヤキが面会。成長したおでんを見て、スキヤキは大いに喜んだ。しかしその背後で、オロチは何かを企んでいた。

おでんの妻

大昔に生まれた謎の美女。30年前、人攫いの船に捕まってしまう。

一方、おでんはモビーディック号の鎖に捕まっていた。白ひげは「3日間捕まれば船に乗せてやる」と言う

しかしおでんは自ら鎖を離す。理由はトキを助けるため。人攫い屋は、変わり果てたおでんを見て逃亡。

白ひげはおでんを気に入り、おでんとトキを船に乗せた。

トキはワノ国出身ではない

おでんを殺した男

元々康イエのコマ使いだった。最初からクズで、康イエの金を盗む。

そしてそれをおでんのせいにする。その後、おでんから何度も金を借りる。

最終的にスキヤキから将軍職を奪い取り、おでんを処刑した。その果て、世話になった康イエを射殺する。

また住民の食料に、スマイルをばら撒いたのもコイツだった。

オロチのやり方を聞いて、ルフィも激怒した。ナミは「なにその酷い話」と涙を流した。

最強の敵【ワノ国の守り神】

38年前、ロックス海賊団の見習いだった。ロックスの死後、メンバー達は解散。

カイドウは己の強さだけで、4皇に成りあがった。20年前、おでんから世界の秘密を聞き出そうとする。

しかしおでんは口を割らなかった。おでんが処刑された後、おでん城を襲撃。

傳ジロー・アシュラ童子と戦うが、それを退け光月家を滅ぼしてしまう。ちなみに腹の傷は、おでんがつけたもの

能力はリュウリュウの実:幻獣種【青龍】。青龍は東洋の守り神で、酒を好む。まさにカイドウに相応しい能力。

さすがのおでんも、龍神には勝てなかった。

百獣海賊団の大幹部

▼キング【プテラノドン】
百獣海賊団の№2で、プテラノドンに変身する。また拷問好きな一面もある。キラーを拷問したのは、やはりキングか?

ちなみにキングは、ビッグマムが探している幻の種族でもある。

▼クイーン【ブラキオサウルス】
大看板の1人で、ウドンを統括している。ビッグマムの攻撃を受けても、復活したので、能力は覚醒している。

▼ジャック【マンモス】
大看板の中では、1番下っ端。粗暴な性格で、ゾウを半壊させた。

1 2 3 4 5