1. まとめトップ

意外と知らない??知ってると得する靴屋の違い

皆さんが意外と知らない大手靴小売りのABC-MARTとASBeeの違いを簡単に説明します。

更新日: 2018年09月26日

2 お気に入り 1894 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

某大手靴小売り店で働いていた、元靴屋の店員が簡単にABC-MARTとASBeeの違いを説明します。

taroootomさん

ABC-MART

日本最大手の靴の小売りチェーン

プライベートブランドとしてHAWKINSやVANSを擁する

ナショナルブランドを主力としたSPA方式(商品企画から販売までの一括管理)を導入し低価格・高品質な商品を販売。

ASBee

ASBeeはイオングループの株式会社G-FOOTが運営する業態である。

プライベートブランドとして、KedsやLee、MAD FOOT!を擁する。

一番の違いは何か?

ABC-MARTとASBeeの決定的な違いは「選択と集中」を行っているかいないかであると言えます。

具体的な違いを挙げると、ABC-MARTの場合売り場の6割~8割がスポーツシューズ、つまりスニーカーに割いています。

それに対してASBeeはスニーカーの割合は多くても6割。婦人靴や、紳士靴、子ども靴などもバランス良く配分しています。

ABC-MARTはスニーカーで勝負、ASBeeはバランスで勝負といった形ですね。

結局、どちらが良いのか

若い人はABC-MARTが無難であると言えるでしょう。

理由としては2つあります

1、有名ブランドをプライベートにしている点
VANS、非常に流行ってますね。シンプルで使いやすいのが魅力だと思います。
VANSはABC-MARTかセレクトショップでしか買えません。(もちろん例外はあります。)
ここは非常に強みであると言えます。

2、有名ブランドの人気商品を独占している点
具体例を挙げると、New Balanceの996や、conversのALL STARのコアカラ―などです。
地方の靴屋さんとかでは取り扱いがあるかもしれませんが、全国展開をしている靴屋ではほぼ独占になっています。

ASBeeの強みは?

家族で行くならASBeeが良いでしょう。
全年代の人が買い物できるように品ぞろえをしています。
またイオングループであるため、イオンの割引が利用できます。
イオンで買い物をよくする人にはASBeeがお勧めかもしれません。

1