1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

『ママレード・ボーイ』だけじゃない!1990年代『りぼん』おすすめマンガ

少女漫画雑誌『りぼん』第二次全盛期の1990年代のおすすめ7作品。『天使なんかじゃない』&『ご近所物語』(矢沢あい)、『ママレード・ボーイ』(吉住渉)、『赤ずきんチャチャ』(彩花みん)、『こどものおもちゃ』(小花美穂)、『ベイビィ★LOVE』(椎名あゆみ)、『グッドモーニング・コール』(高須賀由枝)

更新日: 2018年11月01日

30 お気に入り 32081 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

◆『天使なんかじゃない』(矢沢あい)

冴島翠は新設の聖学園に通う元気な女の子。第一期生徒会の副会長になったが、会長はなんと気になっていた須藤晃に。生徒会の初仕事が学園祭に決まり楽しい毎日を送っていたが、晃にヒロコという彼女がいることを知り…?

『天使なんかじゃない 』矢沢 あい 言わずと知れた伝説の学園青春グラフィティ。今読み返してみると登場人物がみんな素敵な子ばかりで眩しい。恋をしていようがいまいが、彼らの内面の清々しさ瑞々しさに爽やかな気持ちを分けてもらえる、永遠の名作。#のんつれ読書会 amazon.co.jp/dp/B002CZPMRM/…

『天使なんかじゃない』 矢沢あい 名作!!矢沢あい先生のはご近所物語が有名だけど、私は天使なんかじゃないが一番好き(*´ω`*)翠もいいけどマミリンがいいんだよねぇ #好きな漫画

「天使なんかじゃない」は永遠の名作だと思う。最初はただの純愛漫画。しかし女のドロドロしたところとか、嫉妬とかそういったものがしっかりと描かれている。 矢沢あいはそういうとこが凄いよな。パラキスも、凄く人間的。でもNANAは嫌い。いらいらする。

◆『ママレード・ボーイ』(吉住渉)

小石川光希は、明るく元気な高校一年生。二組の両親の“入れ替え結婚”で、同居することになった松浦遊は、カッコ良いけど意地悪な男の子!ある日、遊が寝ている光希にキス!!反発する光希だけど、遊の優しい素顔も見えてきて…どうしよ〜!

吉住渉先生の漫画はハンサムな彼女が一番ドラマチックな切ないラブストーリーで好き…だったけど、最近ママレード・ボーイを初めてまともに全部読んだら一気に私の中の吉住先生漫画NO.1になった…遊…かっこいいかわいい切ない…こんなに古い漫画なのに今でもそれを感じさせない不朽の名作だよ

今晩も末娘が「ママレード・ボーイ」読みながら悶絶している。 名作は時代を超越するようだ。

「ママレード・ボーイ/吉住 渉」もリボンの中の名作だよね:) 遊がかっくいいなぁ♪ この人のギャグのノリ、好きやねん。

◆『赤ずきんチャチャ』(彩花みん)

チャチャはまっ赤なずきんがトレードマークの魔女のたまご。世界一の魔法使い・セラヴィー先生のもとで日々修業中です。そんな中セラヴィー先生が、世界一の座をねらう魔女どろしーにさらわれちゃって…

赤ずきんチャチャ面白いな~…読み耽ってしまった。

『赤ずきんチャチャ』彩花みん アニメはあんまり知らん……とにかくマンガが面白いの!いつ読んでも楽しくなれるし、幸せになれる。チャチャの魔法ほんとにステキ。ちなみにわたしはしいねちゃん派です。あとエガオンがめちゃくちゃ好き !

◆『こどものおもちゃ』(小花美穂)

倉田紗南は人気TV番組に出演中の元気な小6の女の子。母・実紗子やマネージャー・玲くんに囲まれて、幸せいっぱい。そんな紗南の通うクラスは羽山秋人の仕切りでメチャクチャに荒れてて…。紗南はついに!?

紗南、羽山、直澄とは誰ぞや?というあなた。この週末は小花美穂『こどものおもちゃ』を読みましょう。主人公の子役の女の子がフツーの学校生活でフツーの恋と友情と、ちょっとしんどめの現実、それらと折り合いをつけていく名作です。 "明石家よんま"さんが出てきます。 amazon.co.jp/dp/B00CH4F4NK/…

持ってるマンガを再読してから売ろう計画その2 こどものおもちゃ/小花美穂 これはホントに名作だと思う。内容はシリアスだけど、笑いがふんだんに組み込まれてて。主人公の母の「逆境こそ楽しめ」ってセリフがホントに名言だと思う。 pic.twitter.com/WhhlUFJF04

さくらももこ先生のご本を連日読んでいる。りぼんの生んだ名作の一つ「こどものおもちゃ」の作者の小花美穂先生はさくら先生のアシスタント時代があったのだそう。成る程どこかギャグセンスが似ている。矢沢愛先生や水沢めぐみ先生とも交流が深かったようです。りぼん大御所先生達。 pic.twitter.com/DkQd2Sx0ZX

◆『ご近所物語』(矢沢あい)

実果子はヤザガクに通う高校生で、ツトムという幼なじみがいる。バディ子と付き合い始めたツトムだが、勇介が実果子を狙おうとしたことで自分の本当の気持ちに気づくのだった。

私の中の名作少女漫画は天使なんかじゃないとご近所物語です

ご近所物語、何度読んでも名作だあぁ。特に29話、ツトムが「あそこまでひとつの世界に没頭するやつの気持ちがわからなかったけど、それはただ好きってだけじゃなくて自己表現することで自分の存在を確認してる意味があるって気づいた」と話すシーンがすごい好き。

特集「恋よりマンガ」にちなんで、マンガ原作ドラマの主人公を演じることが多い松本潤氏に好きなマンガについてもインタビュー。「『金田一少年の事件簿』など少年マンガだけではなく、『花より男子』『ご近所物語』『天使なんかじゃない』を読んでたよ」と90年代の名作を挙げてくれました!

1 2