1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

美しすぎる17歳..柔道のダリア・ビロディド選手に注目が集まってる

世界柔道選手権で史上最年少優勝を果たした17歳、ウクライナのダリア・ビロディド選手が美しすぎると話題

更新日: 2018年09月22日

29 お気に入り 74652 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

世界柔道選手権で史上最年少優勝を果たした17歳、ウクライナのダリア・ビロディド選手が美しすぎると話題

solmesさん

▼「世界柔道選手権」がアゼルバイジャンで開催

▼日本代表では阿部兄妹が同時優勝!

柔道の世界選手権第2日で、男子66キロ級の阿部一二三選手(21)=日体大=、女子52キロ級の詩選手(18)=兵庫・夙川学院高=のきょうだいが、同じ日に優勝し世界一の座に就いた。

初出場の詩選手は「2人で金メダルを取って喜ぶイメージはできている」と意気込んでいた。兄と妹で刺激し高め合って最高の結果をつかんだ。

▼そんな中、ひときわ注目されているのがウクライナの「ビロディド選手」

最軽量級では目を引く172センチの上背を武器に頭角を現し、今年のグランドスラム(GS)パリ、GSデュッセルドルフで優勝するなど国際大会30連勝。

得意技は内股、大内刈、三角絞からの崩上四方固。

・世界選手権では史上最年少での優勝を果たした

【画像】17歳美少女柔道家ダリア・ビロディドが谷亮子を抜いて史上最年少での世界選手権王者に! matomesan.geo.jp/?p=24140 pic.twitter.com/2qDx4lTSfW

20日、女子48キロ級決勝でダリア・ビロディド(ウクライナ)が渡名喜風南(パーク24)に一本勝ちで初優勝。

国際柔道連盟によると、93年大会を18歳0か月で制した田村(現姓・谷)亮子を抜き、男女を通じて世界選手権で史上最年少優勝

史上最年少の17歳345日で世界チャンピオンに輝いた。

試合後、自身のインスタグラムを更新し、喜びをつづった。

「今日世界王者になることができた! 今でも信じられない。みんなにありがとう、私を支えてくれたファンや友達! サポートを感じる事ができた、あなたたちなしでは達成することができなかったこと。いつも私の側に居てくれた最高の両親とコーチたちにありがとう」

▼強いだけじゃない..美しすぎるルックスにも注目が集まっている

ウクライナのYAWARAちゃんダリア・ビロディドが超美人。 史上最年少17歳の柔道新女王、これはマスコミほっとかないだろ pic.twitter.com/vgfyxw2TOL

17歳で世界女王……! それだけでも漫画「YAWARA」のような話だが、同じくらい注目を集めているのが彼女の美貌だ。

その美貌やスラリとした体型を買われていくつかのモデルエージェンシーから誘いもあったが、柔道に専念するために断ったという。

モデルばりの美貌と欧州NO1の実力を誇り、オフショットを公開しているSNSには「愛らしい」「魅力的」「あなたは普通にモデルだ」など魅了された海外ファンからコメントが殺到する注目ぶりとなっている。

▼ビロディド選手のインスタグラムに世界中のファンが注目

ブロンドのロングヘアに青い瞳。ショートパンツから長い足をのぞかせたり、黒のサングラスでクールに決めたり、街中でポーズを取って撮られたものがズラリ。

1 2