1. まとめトップ
  2. おもしろ

この記事は私がまとめました

kyama77さん

●街でよく見かける「看板」

看板は商工業がさかんとなる江戸時代に一般の商店で広く掲げられるようになった。

明治時代以降は、経済の発展にともなって、素材・デザインともに多様化が進み、ペンキを使った文字看板も登場するなど、世相を反映した個性豊かな看板が街角にあふれていた。

●道路で見つけたクセが強すぎる「看板」

@Luchiaaaaan_G @disappearance86 秋田へツーリング行ったら、この様な看板がありました^_^; この画像は拾い物ですが中身は同じです。 pic.twitter.com/iUhvm8o6UU

●店名が隠れて見えない「看板」w

ちなみにせっかくなので友崎とみみみのシーンでお馴染みの『ぎょうざの満州』の前にも行ってみたんだけど、相変わらずどの角度から見ても看板が木で隠れてて最高だったな pic.twitter.com/GC5t476w95

●ツッコミどころ満載なクセが強い「看板」w

●「クセが凄い祭り」と書かかれたクセが強すぎる看板w

千鳥のノブの地元、井原市芳井町の看板‼️ 少し遠慮がちに描いた感じで、読んだ時思わず笑ってしまった(笑) クセが凄い祭りってどんな祭り(笑) #千鳥 #千鳥ノブ #芳井町 #クセがすごい祭り pic.twitter.com/FnKFmxZxj8

●手書き看板のクセが強いww

完全に客を馬鹿にしてますよねって感じの看板発見、思わず吹いたwwww pic.twitter.com/SyUokweq6h

●クセが強すぎる「謎の看板」

新潟県長岡市に大量にある謎の看板で有名な、松田ペット。 夢に出て来そうな個性的な犬猫がクセになると、密かなブーム。 松田ペットファンで、日頃お世話になっているソロイさんが以前アイコンにしとられた、店頭一番左の猫。刺繍しました。三枚目がそのアイコン。 #刺繍 pic.twitter.com/MmBjsDAiDF

●クセが強すぎる「お店の看板」w

本日もご帰宅ありがとうございました はじめましてのご主人様にもたくさんお会いできて楽しかったです! なんと言ってもゆうつんさんとえれな氏とお給仕できて幸せだった、、マイペースでうるさい3人だけど少しでも楽しんでもらえてたらいいな(;▽;) 看板のクセ強すぎやろ、、 pic.twitter.com/ukQ8M0UiSF

1 2 3