1. まとめトップ

【基本】LGBTQを理解してほしい!~説明する手引き

LGBTQを理解できないあなたに。そして、感情論ではなく、きちんと説明し理解してほしいと考えているあなたにも。基本的な考え方の一例です。

更新日: 2018年10月15日

1 お気に入り 1359 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

subliminalさん

LGBTQはレズビアン、ゲイ、バイセクシャル、トランスとクイアの略です。

【質問1】あなたは男ですか?女ですか?

自分の事として考えてもらうのが一歩です。
頭ごなしの説明や説得では、相手の先入観を解くことは難しいでしょう。

ただし、不特定多数の集団の中でじかに答えてもらうことはせず、心の中で考えてもらうなど個人情報保護の配慮をしましょう。

【質問2】どうしてそう思うのですか?

返答例としては
「遺伝子で決まっている」「染色体で決まっている」「身体がそうだから」「異性が好きだから」「戸籍がそうなっているから」…

【質問3】 さて、それでは実際は、どうやって性別が決められているのでしょうか?

➡外性器の形状、精巣の有無を医師が判定。

出生前診断で染色体検査をすることもありますが、性別のほとんどはエコー検査の見た目で判明します。
生まれた赤ちゃんは、医師が目視と触診にてきちんと判別します。

つまり、あなたの戸籍上の「性」は、血液検査・染色体検査はせず、身体的特徴で決められていたのである!

Ⅰ・医学的な性

①染色体について。

X染色体とY染色体。女性ではXX、男性ではXYの構成。女性が作る卵子はX染色体と常染色体を持つ1種類であり、男性が作る精子は常染色体の他にX染色体あるいはY染色体を持つもの2種類がある。子供の性別はY染色体を持つ精子によって受精すれば男性に、X染色体を持つ精子によって受精すれば女性になる。

人間の染色体は、

XX
XY
XXY
XO

と、実は、2種類ではない!

↑さて、どれが男でどれが女でしょうか?

答え↓

XX → 女
XY → 男
XXY → 男 
XO → 女

【質問4】本当にあなたの染色体は、男もしくは女なのでしょうか?

➡大多数の人は染色体検査などはしないので、自分がどの型かは不明です。

そして他にも染色体異常と言われる
XXX症候群 
XYY症候群 
XXYY症候群 
ターナー症候群
などがあります。

『トリプルX症候群』性染色体としてX染色体を3本持ち、Y染色体は持たない染色体異常のこと。この染色体異常を持つ場合、女性として発現し、この遺伝子異常を持つ女性は核形以外では通常のXX女性と区別できない。生殖器や二次性徴にはほとんど異常はなく、妊娠や分娩が可能である。

『XYY症候群』ヒトの男性がY染色体を一つ多く受け取ってしまった故に47,XYY核型ができてしまう性染色体の異常である。 表現型に関しては全く異常がない

『クラインフェルター症候群(XXYY症候群)』男性の性染色体にX染色体が一つ以上多いことで生じる一連の症候群。

『ターナー症候群』染色体異常の一つで、正常女性の性染色体がXXの2本なのに対し、X染色体が1本しかないことによって発生する一連の症候群のこと。

ターナ―症候群は性分化疾患に分類されます。
女性の外観をしていても、未月経・月経不順・不妊など。

1 2 3