1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

『アクアマン』から『TAXi』最新作まで!冬のおすすめ「アクション映画」

冬公開のおすすめ「アクション映画」5作品のまとめ。海中バトル『アクアマン』、SF大作『アリータ バトル・エンジェル』、クライム&ディザスター『ワイルド・ストーム』、シリーズ最新作『TAXi ダイヤモンド・ミッション』、実話『暁に祈れ』。

更新日: 2018年10月15日

15 お気に入り 13512 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

◆『暁に祈れ』(12月8日公開)

実在のタイの刑務所に服役し、ムエタイでのし上がっていったイギリス人ボクサー、ビリー・ムーアの自伝ベストセラー小説を完全映画化した戦慄の実話アクション。

殺人、レイプ、汚職がはびこる地獄のよう刑務所で、ビリーは死を覚悟する日々を余儀なくされた。しかし、所内に新たに設立されたムエタイ・クラブとの出会いによって、ビリーの中にある何かが大きく変わっていく。

「グリーンルーム」のジョー・コールが主人公ビリー役を演じる。監督は「ジョニー・マッド・ドッグ」のジャン=ステファーヌ・ソベール。

◆『アリータ バトル・エンジェル』(12月21日公開)

木城ゆきとによる日本のSF漫画「銃夢(ガンム)」を、同作の映画化を長年にわたり熱望していたジェームズ・キャメロンの脚本・製作により、ハリウッドで実写映画化したアクション大作。

未来を舞台に、圧倒的な戦闘能力を持つサイボーグ少女が失われた記憶を探る姿を活写する。

メガホンを取るのは『シン・シティ』シリーズなどのロバート・ロドリゲス。『メイズ・ランナー』シリーズなどのローサ・サラザール、『ジャンゴ 繋がれざる者』などのクリストフ・ヴァルツらが出演する。

◆『ワイルド・ストーム』(2019年1月4日公開)

「ワイルド・スピード」「トリプルX」のロブ・コーエン監督、巨大ハリケーンの中で強盗を企てる悪党たちを描いたクライムアクション。

ハリケーンの混乱に乗じて企てられた紙幣処理施設を狙う強盗計画を阻止するため、気象学者たちが奮闘するさまが描かれる。

武装集団に立ち向かう気象学者を、『猿の惑星』シリーズなどのトビー・ケベルが演じるほか、『96時間』シリーズなどのマギー・グレイス、『ウィッチ』などのラルフ・アイネソン、ドラマシリーズ「トゥルーブラッド」などのライアン・クワンテンらが共演。

◆『TAXi ダイヤモンド・ミッション』(2019年1月18日公開)

リュック・ベッソンが製作・脚本を手がけ、世界中で人気を集めた「TAXi」シリーズ最新作。

これまでシリーズに出演した“名コンビ”サミー・ナセリ&フレデリック・ディフェンタールからバトンを引き継ぎ、超絶ドライブテクを持つスピード狂の警官マロ(フランク・ガスタンビド)と、間抜けなタクシー運転手エディ(マリク・ベンタルハ)がバディに。

舞台は南仏・マルセイユ。フェラーリなどの高級車を操るイタリアの強盗団から、世界最速のタクシーを爆走させ、世界最大のダイヤモンド“カシオペア”を守りきる。

◆『アクアマン』(2019年2月8日公開)

1 2