1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

村上虹郎×広瀬アリス『銃』も!「注目映画」予告解禁

注目映画の予告編(特報)6作品のまとめ。趣里×菅田将暉『生きてるだけで、愛。』、篠原涼子×西島秀俊『人魚の眠る家』、加瀬亮×木竜麻生『鈴木家の嘘』、村上虹郎×広瀬アリス『銃』、高杉真宙×加藤諒×渡辺大知『ギャングース』、NON STYLE石田明×矢本悠馬『ノーマーク爆牌党』。

更新日: 2018年11月25日

1 お気に入り 2676 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

◆『ノーマーク爆牌党』(10月27日公開)

「ぎゅわんぶらあ自己中心派」「スーパーヅガン」など数多くの麻雀マンガを手がけた片山まさゆきの同名マンガを、「NON STYLE」の石田明と矢本悠馬主演で実写映画化。

天才雀士と手堅い打ち筋の大学生が、プライドを懸けた熱戦を繰り広げる。

監督は『向日葵の丘 1983年・夏』『くも漫。』などの助監督を務めてきた富澤昭文。

予告には矢本演じるプロ入りが期待される学生・鉄壁と、石田演じる“天才”を自称し不遜な態度で振る舞う爆岡の姿を収録。

2人が己のプライドと人生を懸けて勝負に臨む様子や、爆岡による爆牌が光を発し衝撃波を生む場面などを観ることができる。

あわせて公開されたポスタービジュアルには、力強い目をした爆岡や鉄壁はじめ、原作の人気キャラクターを演じるキャストが並んでいる。

◆『生きてるだけで、愛。』(11月9日公開)

小説家、劇作家、演出家などマルチな活動を展開する芥川賞作家・本谷有希子の同名小説を趣里の主演で映画化。

感情を制御できない女と、恋人である彼女と真摯(しんし)に向き合わない男の姿を見つめる。

趣里が主人公・寧子役を演じるほか、津奈木役を菅田将暉、安堂役を仲里依紗がそれぞれ演じる。

予告映像では、過眠症で引きこもり状態の寧子(趣里)が、3年間同居中の恋人・津奈木(菅田)と、ささいな言い合いからすれ違っていくシーンからスタート。

津奈木の元カノ・安堂(仲里依紗)が登場。津奈木とヨリを戻そうと企む安堂が、不敵な笑みを浮かべながら寧子に「別れてよ」と言い放つ迫力のシーンが捉えられている。

そんな激動の日々が映し出される中でも、「多分私たちが本当に分かり合えたのなんて、ほんの一瞬くらい」という寧子のナレーションと共に、恋人らしいほほ笑ましいやりとりも登場し、リアルなカップルとしての2人の姿も描かれている。

◆『人魚の眠る家』(11月16日公開)

東野圭吾の同名小説を篠原涼子&西島秀俊の共演で映画化するヒューマンミステリー。

「明日の記憶」の堤幸彦監督がメガホンをとり、愛する娘の悲劇に直面し、究極の選択を迫られた両親の苦悩を描き出す。

脚本を、NHKの連続テレビ小説「まれ」やドラマシリーズ「犯罪症候群」などの篠崎絵里子が担当する。

予告編は、意識不明の娘を前に、妻の薫子(篠原涼子)が涙ながらに「この子は生きています!」と語るシーンからスタート。

さらに薫子と和昌の夫婦が、意識のない娘がいつか目覚める日を信じ下した決断、その禁断の技術の中身が垣間見える内容となっている。

それぞれが、眠り続ける瑞穂の回復を願う中、娘に向かって包丁を振り上げる薫子の姿が捉えられる。そんな衝撃的な映像に、今回初公開となる絢香の新曲「あいことば」が流れる。

1 2