1. まとめトップ
  2. おもしろ

これで病気も怖くない…Twitterで見つけた「じわじわくる病院エピソード」

日々生活していれば色々なことが起こるものです。Twitterで見つけた「じわじわくる病院エピソード」をまとめてみました!

更新日: 2018年09月23日

47 お気に入り 131424 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

日々生活していれば色々なことが起こるものです。Twitterで見つけた「じわじわくる病院エピソード」をまとめてみました!

isaaccさん

Twitterで見つけた「じわじわくる病院エピソード」をまとめてみました!

○去年も私です

去年の子宮頚がん検診がめちゃくちゃ痛くて今年やるのヤダなぁと思ってたんだけど、今年全然痛くなくて担当医師に「先生めちゃ上手ですね〜、去年の先生物凄く下手くそで最悪だったんですよー」と言ったら「去年も私です」って言われた。

@1119_minami @BookloverMD きっと下手だったことを自覚していて、この一年で努力されたのです笑。

@1119_minami @CAFE_SWORDFISH 頸がん検査も痛いけど、子宮体癌検査は、もっと痛い。子宮の中擦るから。 筋腫あるとすっごく痛い、でも必要な検査なので、20代の人も自分の体をわかるために、数年に1度は検査受けてほしいな。

@1119_minami 頑張ったからですよーは多分去年と違って身体を硬くしてないからかなとw 緊張して無意識に身体を硬くしてると痛いので今日検診を受けたけどちょっと緊張して痛かったですね

○「大当たりです」と書かれたパネル

オペ室では、耳が聞こえない患者さんのために「深呼吸して下さい」「手術が終わりました」「痛みはないですか」など書かれたパネルが用意されている。つい最近「大当たりです」と書かれたパネルを見つけたが、どのシチュエーションで使うのか誰か教えて。

@aneoid 「大当たり」があるということは「ハズレ」というのもあるのでしょうか?

@aneoid 私は、いつも麻酔医を泣かせております、、、申し訳ありません爆 私が部分手術をうけた時には、手話通訳士も一緒に手術室に入ったので非常にリラックス出来ました。でも、大当たりはさっぱり?笑笑笑笑 そのかわり、ご馳走さまでした、と言われましたよ爆爆

@aneoid 私が知っている病院では子供の患者さん用に「大当たりです」「大丈夫ですよ」「よくできました」と言ったカードやステッカーを用意していましたよ(*´Д`*)耳が聞こえていない子は勿論のこと、注射で泣かない子にも「花まる」のカードあげていました

@aneoid 患者に安全確認のため、今日する手術の内容、または部位について手術前に聞くんですが、その時に「あれ、どこだっけ?」ってなる方が多いので、その部位をさすったり、あれですよ!とヒントを出して答えてくれたら「大当たりです」の札を私は出したいです。 FF外から失礼しました。

○医者も街でよく患者さんに声を掛けられる

芸能人ではないけれど、医者も街でよく患者さんに声を掛けられる。私は話しかけられると嬉しいけど 「先生!その節はお世話になりました」だと思い出す確率低いので 「先生、私は62歳男性、2018/2/4に心筋梗塞で入院した患者です。現病歴です。2/4、18時に突然の胸痛を自覚し…」なら確実です

@kokuponz よくわかります。顔より、名前より、病歴ですよね。

@kokuponz 顔と名前覚えていないのに、冠動脈造影みて思い出す自分と同じですねw

@kokuponz すいません…退院された患者さん、二度と戻ってこないように退院したら忘れるようにしているんです…。と説明するのはいかがですか!?(`・ω・´)ゝ

@kokuponz 私もビクビクしながら曖昧に返事をしてます。… この状態、認知症の患者さんが、目の前にいる人を(この人誰やったっけ?)と思いながらの会話に極めて近いんです。 なんとなくわかるけど、問い詰められると答えられない。 認知症の説明の時にこの例えを使っています。

○診察室から子供の声が…

病院で待ってる時、診察室から子供の「うわああぁぁひとごろしいいいぃぃぃ」と聞こえた後に間髪淹れずに「人を助けてるんだよ僕はうははは」っていう声が聞こえてきてむせた

@transniper @naokoshy あるある(*´∀`) 子供達にとっては、酷い事する人殺しに見えるの間違いない!

@transniper @kazunakei 「幼稚園の先生にいいつけちゃるから!」と泣き叫ぶ子どもに「ボクよぉ。保育所なら厚生労働省だから言いつけられたら先生困っちゃうけど、幼稚園は文部科学省だから先生大丈夫なんよ」と笑顔で言い放った、25年かかりつけのM医師が浮かびました。

○この時期になると入院してくる人たち

1 2 3