1. まとめトップ

ビッグ・マムの子供達の子供達(孫達)【ワンピースネタバレ考察】

ビッグ・マムの子供だと明確になっている登場人物に対し、更に彼らの子供達がいることを解説。ビッグ・マムの子がビッグ・マム海賊団の場合、孫の多くはビッグ・マム海賊団に所属している。考察なので宜しくどうぞ。

更新日: 2019年01月25日

2 お気に入り 20121 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ワンピースマガジン4,5(関連書籍)のビッグ・マムの子リストは、「あくまで構想段階の資料」と注意書きがある。当チャンネルの血縁関係が真相ということで。

長男ペロスペローの子供

2色髪がペロスと一致。
マーブルキャンディをイメージし、ペロスの子供は2色ストライプの服を着る。

ボタンの色や形はペロスと一致。

アメフラシ(うみうし)の魚人の血かな。髪を見たら、うみうしを連想した。(ビッグ・マムはビッグキスの人魚の血を引く人間なので、子孫には魚人の特徴が出る。例えばカタクリの歯)

12女という割り当ては、「構想資料」を利用した誤誘導。

頭上の紙をカットすると、シルエットがテラコッタ(アラバスタのイガラムの妻)に似た髪型。

ペロスペローのように2色のシルクハット。
かなり引き締まった体型もペロスを思わせる。

ペロスこの娘の部下は皆、ストライプのシルクハット。

テラコッタと同じ髪の色。

やはりテラコッタに似た髪型。
構想29男というの誤誘導。というかアニメでは29男はシブースト(マゼランとの息子)だ。

モンブランというクラシック音楽家がリアルにいた。

モーツァルトという娘の名から連想される要素は、くるくるの髪の毛。ペロスの妻はテラコッタ? イガラムの妻だが、再婚という思考で成立。テラコッタと全く同じ髪色の子供たちがいるし。

帽子のストライプは斜めになっているが、娘と一致。髪は2色。

アメウミウシという技があり、娘の髪がうみうしをイメージ。ペロス本人もアメフラシの魚人の血かな。

父親は総料理長シュトロイゼン。

長女コンポートの子供

ビッグ・マム14男という情報はデマ。関連書籍の構想資料は当チャンネル級の真相にたどり着けないようにするトリック。
コンポートの夫が正解。推定年齢50歳代。
14男はティーチが真相。(既に41歳になっている。15男ノアゼットと父が同じで同時出産)

ティーチが本当の14男で、作者が知られたくないとする。当然、公式資料を装って、ニセ14男が出てくる。たまたまドスマルシェだった。

19男モンドールに兄貴達と呼ばれるが義理の兄となる。

コンポートの体型に、頭上の髪も奇抜。
ドスマルシェのマルシェとマッシュは近い。

コンポートは約50歳なので、最年長で31歳くらいの子供(ビッグ・マムの孫)が可能。この女の子供(ビッグ・マムのひ孫)にも13歳が可能。

12女という割り当ては、「構想資料」を利用した誤誘導。
ビッグ・マムの直接の娘だと誤考察すると、ワンピースの真相には到達できない。

コンポートの体型に、ドスマルシェの顔、ドスマルシェの服の色

ドスマルシェのような体型と服の色

体型はコンポートに、少しは名前が似ている(コンとカン)。テンの「エン」の部分は、コンポートの父親シュトロイゼンの語尾。

包帯に注目。

ビッグ・マムの ひ孫ということに。ひい婆の39女アナナよりも年上だろう。
カンテンが31歳だとしたら、息子には13歳以下が可能。

爺ちゃんのドスマルシェと同等の刀を持つ。ドスというのは刀のヤクザ用語。

次男カタクリの子供(8人発見)

首周りの装飾(クローバーの花がモチーフ?)からカタクリ娘だと考察。カタクリの娘は30歳以下なら成立。頭の花はカタクリという植物の花の色と一致。

カタクリの妻はシャンディアの女アキリアだと考察。アキリアはマキノの母親でもあり、マキノの父親は村長の息子なので、画像の美女は異母姉妹となる。マキノの顔が戦士風になったような美女。

カタクリの家族も、もちろんシャーロット家。しかも次代の後継者。「シャーロット・カタクリ家6女」の略。カタクリの長女ならシャーロット家・長女だし、6女なら6女。リンリンの6女は約44歳。こんなに若いわけないっしょ。

要するにカタクリの娘・6女のこと。リンリンの次にビッグ・マム海賊団の船長になるのはカタクリ(ルフィに敗れるまでは)。つまり、後継者カタクリの娘カスタードはシャーロット家の6女を名乗れる。

カスタード=カタクリの娘でビッグ・マムの孫娘

カとタの文字が一致していることがヒントだったのだ。あれだけ家族に慕われるカタクリ。妻という家族も大事にされ、カタクリにはゾッコン。女子だけで6人は確実に産んだ。

シャンディアっぽいので。
腕組みがカタクリの癖。口元を隠しているところも一致。
896話で登場。

なんと、彼はカタクリを「カタクリの兄貴」と呼ぶのだが、たとえ親でも海賊団では義理の兄貴分。尾田トリックと言える。同様な例として、ペコムズの親違いの弟がペドロでペコムズのほうが10歳は年上の兄なのだが、ペドロを兄貴と呼ぶ。他には、チョッパーとキャロットは父違いの姉弟なのだが、姉の方がチョニキと呼ばされている。逆の考え方をすると、唐突だったり、誰が語ろうと大差ない場面などで、わざわざ関係を語ろうとする場合、実または義理の関係が確実にある。

似た例としては、ほぼ全員がビッグ・マムをママと呼ぶ所。

目玉が飛び出るシーンが有り、中身は人間。声によると男。
アキリアの父をガン・フォールだと考察。秋=フォール
つまり、カタクリの息子はガンフォールの孫なので、フル装備。

カタクリのように首周りに衣装がある。

カタクリは、このよろい男とブルックとの戦いを観察。息子に試させていたのだと判断。

アニメ847話。

珍しく3つ又の槍を使う。この武器により、親はカタクリということで。
カスタードの姉は5人もいるので、彼女が該当しそう。
タコの人魚だが、リンリン由来の人魚の血が出た。

897話で登場。

首のフサフサ。
実はカタクリの娘っぽいのが5人見つかった。6姉妹でも、全然おかしくない。

下半身はシャンディアの服装だし、髪の色や跳ね具合はカタクリの花そのもの。衣装のピンクも、カタクリの花の色。

ガン・フォール、エネル、シャンディアの長の3人を夫にしたのがビッグ・マム。手前にいる脚は28男カトウで、カトウの父親がシャンディアの長(カボチャを栽培)。

次の女と、どちらかがエンゼル。

髪型や様相が上の女と一致。髪型が植物のカタクリの花びらだし、シャンディアのスカートなので、カタクリの娘。

ビッグ・マムの直接の娘だと誤考察する原因だが、コミックしか見ておらず、キャラの年齢を特定できそうにない小さなコマで、何もかも判断しようとしているから。

もっと言うと、作者の暗示は凄い。ナミやベルメール、フランキー、ロー、ロシナンテ、アルビダなど既出キャラがビッグマムの子だとバレにないように、孫キャラをあたかも子に見えるよう仕込んでいるのだから。

カタクリの娘っぽい。首にマフラーがカタクリと一致。
カタクリの妻・アキリアと顔が一緒。

以上でカスタードの姉5人をコンプ。

3男ダイフクの子供

小さく描かれるが様相が一致
コミック881話より、鏡の世界にいる

どんどん、この手のキャラ(紹介されないがビッグ・マムの子孫っぽい)が増えるが、とっくにビッグ・マムの子の人数を突破している。孫を強く考慮すべき。

なんと、この顔で29歳。
というか、ダイフクとそっくりで、耳の金輪ピアスも共通。
和菓子の大福の中には、パテが入っている。

ゼフの所で働いているコック。

ちなみに、ゼフの年齢は推定60歳ちょいで、ビッグ・マムの総料理長シュトロイゼンの息子だと堅く考察。シュトロイゼンもゼフもビッグ・マムの夫の1人。父息子食いのビッグ・マム! リンリンは丁度、ゼフとの子供、ワンゼ(30歳程度)を作る時に接触した。

孫の皆が海賊団ではなく、婆ちゃんに「料理の修行をしたい」と言えば、許してもらえる場合もあろう。もちろん、家出でもいいし。

4男オーブンの子供

バッファロー → ローバフ → オーブハ → オーブン

オーブン(48.95)の父はクローバー博士。更には、バッファローの祖父はクローバー博士だと考察。

髪型もボリュームの違いであって、オーブンと基盤が同じ。
オーブンはバッファローを捨てたのではなく、戦いの中、失ったのだと考察。

バッファローはドフィ配下の頃はベビー5と行動をともにしており、元バロックワークスMr.6だと考察。

オーブンの妻(バッファローの母親)は、ブロッカ(白ひげ団のオバサン)だと考察。

5男オペラの子供

1 2 3